危ない中国

September 02, 2021

校長先生は、小学校の生徒さん達の前に給食を食べます

生徒が給食を食べてお腹が痛くなったりしないように、校長先生はみんなが食べる30分前に毒味をしています。

毎日チェックして、もし少しでも僕がお腹が痛くなったら、その料理は即刻、出さないようにするのです

校長先生が毒見をする国「日本」
kyushoku2021

中国では、日本のような学校給食とは感覚が違うようですね
食堂で給食を提供しているような学校もあるようですが、安全性では問題がでたりしています。日本だったら大変なことになっているような感じです。

学校給食は、栄養と安全に対して、専属の衛生責任者と栄養士がついています。
給食室や給食センターで作られる給食には厳しい衛生基準が設けられ、定期的に検査を行っています。
さらに、献立表をあらかじめ配り、自宅のメニューを給食と重ならないように調整できるようになっています。

そして、給食を食べ始める30分前までに、責任者である校長(または教頭)が実際にその日の給食を食べてみて安全性を確認しています。

検食といいますが、要は毒見です

中国では学校で最も権力のある校長が毒見をする事が出来ると思いますか?


給食では、栄養以外に学びを吸収する事が出来ます。

給食を食べる際に、手を洗い、机を移動し、ランチョンマットを敷き、配膳の順番を待ちちゃんと並びます。
いただきますやごちそうさまの挨拶は当然みんなで揃って行います。
片付けの際には、食器類の分別をし、紙パックを広げて洗って、リサイクルするところまで考えます。
また、学校の敷地内に畑を作り、給食の食材に使うこともあります。
日本の学校給食は、子どもたちに栄養豊かな食事を提供するだけではなく、食育をも担っているのです。



(12:00)

July 22, 2021

中国にSDGs(持続可能な開発目標)は絶対に無い

今の中国習近平体制は、「改毛超」という毛沢東を否定し、小平を超える事を狙っているようです。簡単にいうと、文革に戻る事なのです。
これは明らかに時代に逆行しており、危機感を感じてやみません。

また、双減政策(中国版ゆとり教育)により、一般的な子供たちの知能レベルを下げ、中国共産党に盲目的に従う連中として成人になってもらう。

習近平は一体中国をどうするつもりなのでしょうか。

20210722xi


「民間企業には西側諸国の普遍的な価値観を否定させ、中国の社会主義核心価値に則り管理監視社会を構築。文革時代の徹底した共産党の指導を目指し、計画経済への先祖帰りが目標」となっているのである。


そもそも、教育界では幼稚園から大学に至るまで、イデオロギー教育の徹底が指示され、「七不講」が2013年に各大学に通達されて以来、人文系学問の自由が大幅に制限されています。これに背く教授や講師たちが洗脳された学生の密告により、職を追われた例も少なくありません。

「七不講」七不讲
普遍的価値
報道の自由
市民社会
市民の権利
党の歴史の誤り
特権貴族的資産階級
司法の独立

※2013年5月11日、中国共産党がすべての大学に学生と議論してはならない7項目の禁令を公布。各大学は教師に“七つの口に出してはいけないテーマ”を「口頭で伝達」した。


毎年4月15日は、国家安全教育日となっており、各小学校においてスパイの密告を推奨している。

中国は、200万人以上のネット世論誘導工作員(五毛党)が、2000万人以上のネットワーク文明ボランティア(網絡文明志願者)学生と共に、当局主導の世論・情報操作などに関わっています。
多くの学生達は、将来共産党や国有企業への就職で「履歴書がより輝かしく見える」ために国内外プロパガンダに勤しんでいるようだが、実際には各大学にある共産党の委員会は、学生のソーシャルメディアへの投稿件数を統計し、評価を行っているとも言われている。

習近平政権は、経済の秩序や発展を無視し、人民を洗脳支配し、独裁体制の維持に注力しているのは事実で、このような国で、ビジネスチャンスを見つけ、勝ち抜くためににはどうすればいいかをよく考えるべきではないだろうか。そして、付き合わないというのも一つの選択であることは間違いない。


(17:00)

June 05, 2021

2021年06月05日
中国の働く女性、3割以上が過体重

中国都市部の18〜49歳の働く女性の健康に関する調査によると、食生活、栄養状態、健康状態は10年前に比べて大幅に改善したが、調理の際の油と塩の摂取量は引き続き推奨される量よりも多く、過体重者の数は目に見えて上昇た。

過体重(BMIが24以上28未満)の人→30%
肥満 (BMIが28以上)の人→12.5%

逆に貧血の症状がある人の割合は11.1%となり、明らかに低下している。
20210605panz

都市部で働く女性達は、摂取する食物が多様化し、穀物、野菜、肉類の摂取量は十分だが、特に豚肉を主原料とした肉類摂取が多すぎる。一方、生果物の摂取量は推奨される量の3割にも満たない。

働く女性とはいえ、家庭や家族の面倒も見なければならないことで、夜更かしをしたりデリバリーに頼ったりした上に、身体を動かす時間はあまりないこともしばしば。こうした都市の働く女性にとって必要なことは、合理的な食生活を送り、食事と運動のバランスを取り、油や塩分を控えることだと言われても、研究の様には行かないのである。



(03:00)

June 04, 2021

天安門事件を知らない
知っていても信じない

20210604tam1


1989年の武力弾圧から32年
20210604tam2

1989年6月4日、中国軍が民主化運動を武力弾圧した「天安門事件」から、32年。中国政府は事件をタブー視し、検索できない上に、弾圧に関する発言をしたものは、社会から排除している。

忘れてはいけない、絶対に!


IMG_20210607_023147




(16:00)

March 02, 2021

中国の刑事責任が12歳から実刑へと刑法改正

2020年12月26日の主席令第66号による、中華人民共和国刑法修正案(11)が2021年3月1日に施行された。

刑法修正案は48項目あり、第一項目に満12歳以上の未成年者への刑事責任を記したほか、公共交通の安全、偽薬、金融犯罪と市場混乱、財務粉飾、毒物犯罪、投資詐欺、商標侵害、著作権侵害、情報漏洩、文書偽造、強姦、児童犯罪、資金調達詐欺、賭博、伝染病予防を含む衛生管理、遺伝子情報の漏洩、人クローン、放射能物質、野生動物保護などについて言及している。


20210302chinakeihou



(04:30)