bigdata

January 24, 2020

武漢から大流行が始まった新型肺炎
春節を迎える中国では人々の流動により、全国に広がる危険性が謳われているが、まずは政府のお膝元「北京」では、戒厳令に近い命令が下った

万里の長城、明十三陵、故宮など歴史的な観光地はすべて閉鎖
24日〜25日の春節のお祝いの宴も中止
白雲観、雍和宮への焼香も禁止(政治的な思惑もありそうだが・・・)
beijing20200124-1

とりあえず、人が集まることは禁止という命令を出した
(これなら、反政府民の会合もできないし)


中国のビッグデータで調査

北京の公安では、中国政府のビッグデータを使用し、一ヶ月以内に北京と武漢を行き来した人を調査。
対象者のうち7万人が北京に居て、そのうちの3万人が既に詳細を調べられ、15日間の自己隔離をするように勧告されている。

また、残りの4万人についても調査中で、各街道委員会の協力のもと、一斉調査が始まっている
(街道委員会:各地区に共産党の委員会が有り、そこに委員長と委員会の人たちがいる。町内会みたいなものだが、数年に一度は不評投票がある)



(18:06)