鉄道

March 17, 2010

長江デルタのコミューター=都市間高速鉄道

長江デルタのコミューター=都市間高速鉄道==人民网==



現在急ピッチで建設が進められている上海南京都市間鉄道が今年7月1日に開業、南京-上海間は1時間短縮される。今年から来年にかけて、長江デルタでは多くの高速鉄道が次々に開通、この一大経済発達地区は今後、都市間「コミューター」時代へ突入する。

経済の不断なる向上が新たなステップを迎えているのと同様、上海南京鉄道もこれまで幾度にもわたり高速化が進められてきた。上海-南京間は「緑皮車(22系客車)」時代の7時間以上から現在では最速2時間にまで短縮されている。最高時速350キロメートルの上海南京都市間鉄道の開通に伴い所要時間はさらに半減、1時間となる。

上海南京都市間鉄道に続き、上海杭州高速鉄道も今年10月の開業を目指す。時速350キロメートルが売り物で、上海-杭州間が従来の78分から38分に短縮される。

南京と杭州を結ぶ都市間鉄道の建設もラストスパートに入っている。南京杭州都市間鉄道は全長248キロメートル、2008年の着工以来工事は順調に進み、来年の開業が見込まれる。設計速度 350キロメートル、13駅が設けられ、南京-杭州間を1時間で結ぶ。

これらの都市間鉄道は完成後、すべて小編成、大流量、コミューター化の運行方式が採用され、最小数分間隔で運行される。南京市民が上海へ万博見学に行き、杭州市民が南京へ中山陵観光に行く際にバスに乗るのと同様、思い立ったらいつでも、カードできっぷを購入し、座席指定をする必要もない。長江デルタは真の「コミューター」時代に突入する。

さらに、江蘇省の南京啓東鉄道、浙江省の金華温州線などの多くの鉄道が年内にも電化され、最高時速200キロメートルとなる。今後数年間で、北京上海高速鉄道および今年着工が有望な上海杭州リニアが相次いで開業することにより、長江デルタ地区の高速鉄道網はより一層きめ細やかになり、都市間の往来がより便利になる。

本気で商売をしたいと思う方のみクリックしてください。
本当のマーケティングをできないマーケッターやコンサルタントに任せているあなた!
広告はデータに基づく科学するものです。

Webマーケティングで中国4億人のネットユーザを集客する



china_support at 03:00|Permalink

January 25, 2009

2009年、中国鉄道の建設投資6000億元

中国鉄道部によると、2009年の基本建設投資目標は6,000億元だと発表。
中国政府が新たに出した「中長期鉄道網計画」によれば、2020年までに国内鉄道網の営業距離を12万キロまで拡張し、運輸能力の強化によって社会発展と経済成長を促進させる狙いがあるという。鉄道技術も世界最先端の水準まで引き上げることも計画に含まれる。
現在、中国政府によって承認された鉄道網新設プロジェクトの総延長は2万3000キロ。中国鉄道部は2010年までの2年間で1万キロを新設し、2兆元規模の資金投資を計画している。鉄道建設工事によって、600万人の雇用機会創出、レールを含む鋼材需要は2,000万トン、セメント需要は1億2000万トンに達する見込み。さらに、中国GDP成長率を直接的に1.5%引き上げると予測している。

china_support at 12:00|Permalink