重慶

July 20, 2010

次の上海は重慶だという話をしよう

次の上海は重慶:内需主導、かつ沿岸部から遠く、外資の参入は困難
米誌ニューズウィーク・ウェブサイトの記事「中国人のための中国」による

現在、中国経済の未来を最もよく代表する都市があるとするならば、それは西部地区の大都市・重慶だろう。
この街は驚くほど外国人が少ない。

先日、開催されたある貿易展示会では、高成長を続ける重慶にビジネスチャンスを求める企業が多数集まったが、売り手も買い手もほとんどが中国人だった。 この情景こそ中国の新たな成長の道筋を指し示すものだ。

外国ではなく、中国企業と中国の需要により成長は支えられる。また成長の中心も東部沿海地区ではなく、広大な西部に移る。

中国のエコノミストも海外のエコノミストも不動産バブルの恐れがある輸出主導型の沿海地区の先行きを懸念しているが、西部については楽観視している。

西部地区では高成長と政府の優遇政策に支えられて、おそらくは消費ブームが湧き起こることだろう。


西部地区の1人当たり自動車保有台数、エアコン台数は東部地区の半数。成長の余地は大きく、外資企業の垂涎の的となっている。だが、この地でチャンスをつかむのは中国人であり、外国人ではないだろう。

改革開放後の東部沿海地区の発展には、外資の技術と資本が欠かせなかった。しかし今や中国はその条件を備えている。西部地区でのビジネス経験の少なさ、輸送コストの高さから外資企業の参入はきわめて困難だ。


文化的、地理的に中国本土と近いシンガポール、台湾、韓国も進出に躍起になっており、現地企業はそれらとパートナーシップを結ぶことになる。

中国株式市場の専門家であるフレーザー・ハウイー氏は、輸送コストなどの条件がなぜ上海が2000マイル離れた内陸ではなく、沿海部にあるのかの適切な説明だと分析した。

だが、私たちは「次の上海」が恐らく内陸から現れるであろうことを確信している。


china_support at 17:00|Permalink

February 27, 2009

日本国際協力銀行と重慶メトロ建設融資契約を締結

中国財政部と、日本国際協力銀行は、重慶メトロ3号線第1期工事融資契約に合意した。
重慶メトロ3号線第一期工事の総投資額は約58億1500万元にのぼるとのことで、国際協力銀行はそのうち16億800万元を融資し、車輛設備の購入に充てるとのこと。
2011年12月31日までに全額支給を完了する予定で、返済期限は16.5年。
1979年より日本輸出入銀行が中国へ附帯条件なしでの融資を開始して以来、中国へは146億ドルの資金融資が行われている。
支援プロジェクト数は84件となっている。


china_support at 10:00|Permalink