富裕層

January 07, 2013

中国人の海外消費増加は中国経済にアタック

中国で稼ぎ、海外で消費するというのが、中国の富裕層の多くにとってすでに生活の一部になっている。

これは中国経済にとって痛手であり、国内の冨が流出し続けるということを意味する。
中国経済の伸びが鈍化し、経済構造の調整が進行中で、富裕層の国内消費による内需の牽引がすぐにも必要とされるが、富裕層が海外で消費する権利を尊重することも必要。

中国人観光客の海外での消費額は2012年には850億ドル(約5296億元)に達し、米国とドイツの消費額に追いつき、追い越した可能性があるという。

2012年は、2011年の中国人観光客の海外消費額は約3千億元でに比べると大幅な増加が認められる。そして、2013年もさらに加速した伸びを維持することが予想される。グローバル経済が低迷してい中で、中国人観光客の海外消費はグローバル経済や他国のGDPに大きく貢献している。


中国人観光客が海外消費に向かう一番の原因は資産の問題にある。
富裕層の資産が急速に伸びているだけでなく、所得の格差が拡大を続けており、富裕層はのびのびと消費をすることになる。
また、一部の人は、公金で消費しているのも、まだ袖の下社会を表している。
富裕層も含め、今後海外で消費する金銭がどこから来たものか、監視が始まるだろう。


第二の原因は海外市場の誘惑にある。
ぜいたく品の価格もその一つだが、それよりも質が気になるようだ。
多くの人が、中国国内市場の商品を信じていないのだ。それは、ブランドショップにおいても同様であり、ニセモノの流通は、まだまだ勢いを止められない。

また、中国のぜいたく品価格は、平均してフランスより70%高く、米国より50%高く、香港地区より約45%高い。
輸出入にかかる関税、
増値税(付加価値税)、消費税が非常に高いのである。

不動産業界に関しては、調整政策によって富裕層が国内消費ができず、海外消費に走らざるを得ないのである。富裕層が懸念する資産の安全性は、中国では難しくなってきているのだろう。

中国の高資産保有者のうち、海外の資産を保有する人が3分の1に上るという。
国内の資産が流出するのを防ぐための法律が、すぐにでもできそうな予感がする


china_support at 17:47|Permalink

December 10, 2012

中国の富裕層が1億2000万人

中国の現在の富裕層は1億2000万人に達し、年間平均購買力は5900億ドル(約47兆2000億円)。

申告されている収入のみでも、中国はすでに5000万人の富裕消費者を持ち、インドの700万人、ブラジルの2600万人、ロシアの1000万人の合計を上回る。




3年内に日本を抜き、世界2位の消費市場に
中国は今後3年内に日本を抜き、世界2位の消費市場となる見込みだ。このうち消費増加の半数は、現在の富裕消費者によるものとなる。

中国の新興富裕消費者は今後10年間、中国消費市場の成長を支える。
同消費群は2020年に2億8000万人に達し、中国都市部の人口の35%、中国総人口の20%を占める。
購買力が世界消費総額の5%を占める3兆1000万ドル(約248兆円)に達する見通し。

同消費群の消費額だけでも、2020年の日本の消費総額に相当し、ドイツの消費総額を28%上回り、韓国の消費総額の3倍に達する。

世帯年間可処分所得が少なくとも2万ドルに

中国富裕消費者の世帯の年間平均可処分所得が少なくとも2万ドルに達するとされているが、これは一つの転換点だ。この転換点に位置する中国人消費者は、最も重要な品目の消費アップグレードを加速する。最も成長が見込める品目には、自動車、海外旅行、贅沢品が含まれる」と分析した。

中国富裕消費者の多くが中小都市に住むようになり、豊かな女性消費者が主な消費決定者となる。
豊かな男性消費者は新たな品目の消費アップグレードを行っており、ベテラン富裕消費者は体験型の消費を求めている。


富裕消費者の子女もまた、重要な消費群だ。同消費群は現在、富裕人口の10%を占めるのみだが、これが5年内に30%に膨れ上がる見通しだ。

この大きなチャンスを活用するため、企業はこの独特かつ変化の激しい消費群をよく理解する必要がある。
企業は、いかに中国富裕消費者とのつながりを強化し、影響範囲を拡大し、ブランド情報を調整し、魅力的な体験を提供するかについて考慮しなければならない。

企業は、デジタル媒体やECサイトを利用し、かつ消費者の海外ショッピングの流行を活用すべきだ




china_support at 14:54|Permalink