中国人

May 20, 2019

日本に住む中国人・中国系日本人の数は96万人

2018年末現在で日本に在住する外国人は前年末より6.6%多い273万1000人で5年連続で増加している。

うち中国籍(台湾を含まず)の人口は80万5400人で外国人全体の29.5%を占め、これに日本に帰化した華人を含めると、在日中国人の総数は96万人を超える。 

以下、韓国が44万9600人、技能実習生が多いベトナムが33万8350人と続く。
中国籍在住者のうち、永住者が29万9600人で最も多く、これに留学生の13万2400人が続いているという。 
nippon21


なお、日本に不法滞在する外国人も5年連続で増加して7万4167人になり、韓国人が1万2766人でダントツに多く、ベトナムが1131人、中国人が1119人と続く。

最近の韓国の目に余る政治活動に対抗し、不法滞在の取り締まりの強化と、韓国籍の来日拒否を施行すべきだと考える。


china_support at 01:15|Permalink

August 20, 2013

中国に欠けているのはマナー

世界各地を訪れる中国人観光客により、中国人のマナーの悪さや素養の低さにが、世界中に暴露されている。

旅行約款の補充事項にも「マナー遵守」が記載され、法的効力を有し、マナー違反行為を犯した観光客は法律により罰せられる。

国家観光局は、2006年には中国公民に対する海外旅行時の マナー改善計画をスタートしていた。
それから数年経ったが、中国人がマナーを守り旅行をすることなど依然としてあり得ず、中国人のマナーの悪さが暴露されるたびに、世界中からの非難の声が集中している。

今年に入り、中国人の国内・海外旅行における非文明的な行動の報道が多い。
たとえば、オランダに向かう航空機のファーストクラスに搭乗した6人の中国人乗客は、安全ベルトを締めず、機長や客室乗務員と口論になった。小さな子が機内の通路で用便をするのを黙認している中国人の親。搭乗口のドアをたたき壊す、あるいは緊急ドアを勝手に開ける中国人乗客。さらには、海外の街でゴミを投げ捨てる、博物館で撮影禁止であろうと所構わず写真を撮りまくる、レストランで大騒ぎする、ジーンズとTシャツ姿でクラシックコンサートの会場に入る、厳かな教会で大きな声で話すなど、海外のあちこちで見られる中国人観光客のマナー違反行為は、大量だ。

海外観光客として、中国人は「ブラック・リスト」の常連となっている。
パリやワシントンでは中国人観光客向けに、「静かにしましょう」「痰を吐かないで下さい」「(トイレで)使用後は水を流して下さい」などと中国で書かれた、思わず赤面するような注意書きの立て札が掲げられている。
一部の国では「中国人団体の受入お断り」とする施設や、中国人団体客を隔離しているレストランもある。
また、規則違反をして動植物製品を携帯することが多い中国人乗客は、入国審査でスーツケースを開けるよう求められる確率が、他の国の乗客よりずっと高い。
喫煙して絨毯を汚すことが多いため、中国人観光客を受け入れない中級ホテルもある。


国家は次第に豊かになってきているが、何をやっても許されると思うのは大間違い。
中国人は世界に向かっている。誰であろうと、海外に出て行く中国人は、現地の人々にとっては中国人以外の何者でもない。中国人はマナーを知らないというイメージを変えるためには、教育から中国人を変えていく必要がある。


昨年の国慶節・中秋節連休後の報道だが
「海南省三亜市では、3キロにおよぶ白浜に50トンのゴミが巻き散らかされた」
「北京天安門広場周辺では、国慶節の1日だけで、約8トンのゴミが残された」
「各地の高速道路の渋滞はかなり深刻で、人々が車の窓から投げるゴミが空中に舞った」など、国内でのマナーが悪い人が、海外に出るといきなりマナーを守れることなどあり得ない

マナーが悪いのではなく、マナーが無い!

旅行中にこのような非文明的行為が発生するのは、一体誰のせいだろうか?
「両親のしつけが行き届いていない」「中国人全体の素養が低い」「マナー教育がなっていない」といった指摘が多く見られる。国民のマナーのレベルは、経済発展レベルに応じて高くなる。しかし、中国経済はこの20年間で急激な進展を遂げたが、文明度はそれに全く追いついていない。

今の学校教育では、小学校から高等学校まで、子供達はテスト漬けの毎日に追われており、社会の道徳や文明ルールを守る大切さはほとんど教わらない。

中国に欠けているのは、基本的な文明・マナーなのである。

china_support at 15:45|Permalink

July 02, 2009

2012年には年間1億人以上の中国人が海外旅行に!

2012年には年間1億人以上の中国人が海外旅行に!

日本政府は2009年7月1日から、中国人に向けた個人旅行ビザの発給を正式にスタートした。日本を旅行する中国人観光客を毎年15万人ずつ増加させたいとしている。世界の観光市場が金融危機で打撃を受ける中、中国人の海外旅行は依然として増加しており、世界の観光市場が中国人中心になっていくようだ。

世界観光機関によると、中国の海外旅行者数が2015年までに年間延べ1億人を超え、中国が世界第4の旅行大国になると予想している。現在では130カ国余りが中国人の海外旅行先として開放されており、そのうち20カ国余りは自由旅行が可能となっている。

中国国家観光局の最新データによると、2009年1月から4月までに中国大陸部に観光で入国した外国人は延べ673万9千人で、昨年同期から21.82%減少した。一方、同時期に海外に観光で出国した中国人は、昨年同期比4.64%増の延べ1587万5千人に達した。中国人の海外旅行者は昨年通年で延べ4600万人におよび、前年から12%近く伸びた。

中国人の観光旅行を多くの国が開放しているものの、ビザの問題はまだまだ残っている。
日本の個人ビザ申請の場合、年収25万元以上であることが条件である。米国の場合、ビザ申請も半月以上前にしなければならない上、発給が拒否される確率も50%を超えている。

いまのところ、欧米ツアーに比べて、価格が安い韓国の済州島や東南アジアの島などへのツアーが人気で旅行費用は5000元から7000元に抑えられているようである。(人民網)
sIMG_5579


china_support at 12:00|Permalink