世界経済

August 20, 2009

中国は、輸出入両方とも日本最大の貿易相手

日本貿易振興機構(JETRO)は、日本の中国向け輸出額が今年上半期、米国向け輸出額を初めて超えたとする報告書を発表した。中国はこれで、輸出入の両方で日本にとって最大の貿易相手となった。ジェトロは、財務省が発表した貿易データに対するドル換算と分析を通じてこの結論を出した。

上半期の日本の対中輸出額は前年同期比25.3%の465億ドル、対中輸入額は同比17.8%減の562億ドルだった。米国などその他の国・地域との貿易額がさらに大幅に減少したため、中日貿易のランキングが上がる結果となった。中日貿易総額は昨年同期から21.4%の減少となったが、対外貿易に占める割合は 20.4%にまで拡大し、日米貿易の13.4%と日韓貿易の6.1%を大きく上回った。

さらに、中日貿易額が今年、アジア金融危機の影響を受けた1998年以来の前年割り込みとなるとの見込みを示した。中日貿易回復の条件は、先進国の経済好転と中国の需要拡大だとされた。

china_support at 12:00|Permalink

January 01, 2009

中国経済が世界への影響力増大

IMFや世界銀行の展望によると、2009年に中国の7-8%台の成長が確保されれば、世界経済にとっては明るい材料だと思えます。

世界経済が中国に依存するということで、世界経済の重心が中国・アジアに大きくシフトし、「米国一極集中」から「世界の多極化」になっていきます。
しかし中国国内の状況を見ると、輸出は11月に7年ぶりに減少に転じ、大規模な生産調整、沿岸部での企業倒産が続出している。金融引き締めと産業構造転換策の効果で、低付加価値製品を輸出する中小企業の経営が苦しくなっていたところに、秋以降の先進国同時不況が追い打ちをかけた状態なのです。

中国政府は11月、「8%成長を死守」するため総額4兆元の景気刺激策と、1%超のサプライズとも言える利下げに踏み切った。しかし前者に関しては、中央政府の「真水」支出が30%に満たず、鉄道、空港、道路整備といった旧来型の公共事業が中心であることが判明。教育、医療など社会政策への投資はわずかな金額にすぎず、内需拡大効果が本当に有るのかも疑問視されています。対米輸出依存の中国経済が内需型成長に移行できるかどうかが、ポイントになってきます。

中国以外の国から見れば、中国をはじめとする成長大市場に対する投資の継続・加速が最重要課題となる。世界の重心がアジアにシフトする中で、特に日本企業にとっては、日本での赤字を切り捨てて、中国シフト・アジアシフトということも考えられるのではないでしょうか?

今後数年は、中国経済の世界経済全体に対する影響力がより大きくなる

それは、第一に米国経済が1-2年では回復しそうにありません。10年近く続いてきた金融問題が、半年や1年で回復するほど体力はどの国も残っていないはずです。
また、第二に、中国経済は思っているよりしっかりした足踏みで8%前後の成長を続けていくと考えられています。今後、物価の安定と農村部の発展でより大きな需要が出てくると思います。

しかし、中国政府が解決しなくてはならない経済的問題もたくさんあります
中国経済が対米輸出依存型から内需拡大型へとスムーズに移行し、付加価値の高い産業構造を作れるかどうかにかかっています。そのためには、流通構造の変革が必須になってくると思います。

最悪の事態を考えた場合、中国経済が伸び悩んだ場合「第二次大恐慌」ということも想定されます。
これからの数年は、中国経済の世界経済全体に対する影響力がより大きくなっていきますので、冷静に中国経済を判断するためにも、中国での情報収集と判断をしていくことが必要です。



china_support at 01:01|Permalink