コロナ

March 23, 2020

外務省が欧州18カ国への渡航中止勧告

外務省が欧州18カ国への渡航中止勧告

cs20200323_1


武漢コロナウイルスの感染が拡大している欧州18カ国の感染症危険情報を「レベル3」(渡航中止勧告)に引き上げた。

渡航中止勧告は
アンドラ、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、スイス、スペイン、スロベニア、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、バチカン、フランス、ベルギー、マルタ、モナコ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク


china_support at 18:01|PermalinkComments(0)

March 17, 2020

コロナ離婚!中国で離婚手続きの予約急上昇

コロナ離婚!中国で離婚手続きの予約急上昇

新型コロナウイルスの感染抑え込みが進み、各地の政府機関で業務再開が本格化している中国で、離婚届の手続きの予約が殺到しているようだ。
lihongzhan
中国で離婚したことを証明する離婚証
これって意味あるのかなぁ

長期間の自宅隔離や在宅勤務で家庭内でのストレスがたまり、夫婦げんかやすれ違いが増えているとの指摘も出ている。

新型肺炎の蔓延で1月下旬から休止していた婚姻・離婚の手続き窓口が再開されたが、感染予防の意味もあり、窓口での混雑を防ぐため日々の手続き上限数を決めて予約制としたところ、離婚手続きの申し込みが殺到しているという。

家にこもり顔を突き合わせる時間が長くなったことが、離婚への引き金になったのだろう。
お互いに息抜きができないために、これ以上一緒に居たくないと考える夫婦が増えて当然でしょ。ましてや、物事をハッキリ言う人が多い以上、家にいる時間が長いほど、どんどん離婚する人は増えるでしょうね。



china_support at 17:11|PermalinkComments(0)

March 13, 2020

中国の初の感染確認は2019年11月17日だった

中国の初の感染確認は2019年11月17日だった

世界各地で広がる武漢コロナウイルスは、2019年11月17日には感染が確認されていたようである。
一人目は55歳の湖北省の住民で、その後感染者は増え、中国当局は2019年末までに少なくとも266人の感染を確認し、医学観察を実施していた。


、香港紙サウスチャイナ・モーニングポストは13日、中国湖北省で昨年11月17日に感染者が確認されていたと報じた。一連の感染拡大の最初の事例だった可能性があるという。報道が事実であれば、
cs20200313_1


実は、感染の始まりは中 国当局の発表より3週間ほど早かったようだ。

湖北省武漢市の当局の説明によると、原因不明の肺炎患者が最初に見つかったのは昨年12月8日だった。その後、専門家グループが新型コロナウイルスの検出を発表。初の死者が出たと明らかにされた1月11日時点で感染者は41人としていた。

ここでも、仮面が剥がれ始めたようである。


china_support at 16:56|PermalinkComments(0)