中国・環境

February 05, 2020

上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(2)

上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(2)
2月5日

上海市は少なくとも2月末まで、すべての学校を休校とした

「家を見て部落を守る」ために必要な二つの事
静安区江寧路街道辨事处主任可暁林

社区の疫病予防が最重要である。
街道の疫病予防は、その地域に責任であるため、社区の管理を強化することが必要。その「家を見て部落を守る」ために必要な二つの事を説明する。

1:住人を守る
住人を守るために、3種類に区分した
〇第1類 重点地域から上海に入った人間。湖北及び湖北を通ってきた者は、自分の部屋で14日の隔離をする。

隔離された住人に対して
1:個人情報の登録と、上海に至るまでのすべての行動記録(どこに滞在し、誰と会い、どうやって来て、誰と住んでいるかなど)
2:消毒について、まず小区に入る時に行なったうえに、部屋に入るまでの通路やエレベータ等の共有スペースから、部屋の入り口をもすべての場所を24時間体制で行う。
3:小区の委員会・警察官・社区の衛生センターが、部屋に、健康登録書、隔離承諾書及び、マスク、体温計、消毒薬、ごみ袋等や保存食を持っていく
4:ごみの回収は、毎日同時刻に、消毒をしながらゴミを集める。
5:毎日2回小区の委員会が隔離された家に連絡し、異常の有無を確認する。また、必要な物資に関しては、代わりに購入し、届けるので、問題ない。


〇第2類 湖北ではない場所から上海に来た人間は、小区の入り口で個人情報の登録をし、確認をする

〇第3類 賃貸住人のうち、上海に居ない人すべてに連絡を取り、電話等で現在地やいつ戻る予定かなど詳細に聴取する。


2:門を守る
小区では、「われらが小区はわれらが守る」を提言に、基本的に1つの門以外は閉鎖する。
訪問客は実名登録を行ない、小区に入る人間は全員体温測定を義務とする。
宅配便や出前に関しては、門の近くに専用の配達物受け取り場所を設ける。
小区の門はすべて電子錠にし、小区の者だけに配るものとする。
なお、街道内のすべての小区と門に関しては、毎日最低2回の警らを行なう。

道路に面している商店など、生活に必要な店以外はすべて閉鎖する。
レストランなど、店内の食事は閉め、持ち帰りだけにするなど、協力が必要であり、その店への生活保障は行なう。

オフィス棟に関して、各物業管理を通じ、全ての企業に連絡をとり、人員の登録を行なう。また、仕事が始まる前に各企業と協力し、全ての場所で消毒を行なう。なお、業務再開の折には、毎日出入りの登録と検査状況を報告する義務がある。

「家を見て部落を守る」ために、市民には不便なことも少なくないが、市民や企業の協力を得て、マスクや消毒液を配布することができます。全員一丸となって、疫病から身を守りましょう。

shanghai_jiangning200205-2
shanghai200205-1

----------------------
社区:日本でいうと、大都市の〇丁目〇番地のようなもので、郊外ではない限り、一つのマンション群の場合もある。小区というのは、一つのマンション群を表すが、1〜2棟だったり、10棟以上あったりと、まちまち。
2〜3階建ての、昔ながらのラオファンズ(老房子)も含めて、小区はたいてい塀で仕切られており、出入り口も多くはない。

街道:日本でいう町会という感じ

上海市では、「市>区>街道>社区(>小区)」

例えば、上海市静安区江寧路街道〇〇社区となり
住所でいうと、江寧路365号静安□□花苑、となってます
---------------------------


china_support at 18:00|PermalinkComments(0)

上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(1)

上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(1)
2月5日

「上海市は少なくとも2月末まで、すべての学校を休校とした」

住宅小区の物業管理による疫病予防について
上海市住建委副主任 王蓮

住宅小区の物業管理による疫病予防について

1:門を閉めて、出入りを管理する
小区(マンション)は街道と社区に協力し、極力人の出入りを避けるとともに、住人全員の体温を測り、異常があれば速やかに病院に知らせなければならない。

住人以外の人や車は小区に入ってはいけない。もし特別な理由がある場合には、住人が前もって小区及び社区の許可をもらい、来訪者は有効な証明書を提示する必要がある。
なお、小区では必ず電子錠を使用し、疫病の広報活動で、十分な安全教育を行うこととし、疫病予防の観点から、知人の訪問や人が集まることを極力避けること。

2:消毒の徹底

疫病予防のために、消毒が重要。特に通路、エレベータ、トイレ、ごみ処理室の共有部分に関しては、消毒の頻度を高くすること。


3:人の管理

3-1 小区の出入り
3-2 物業担当の管理
上海から出ていない人間が担当し、仕事前には必ず体温を測り、マスク等でまず自分を守る必要がある。外から上海に戻った人間は、規定時間の隔離後に仕事に就くことができる。
3-3 部屋隔離の管理
街道や社区と協力し、部屋での隔離を命令された人間を観察する
3-4 部屋を貸している家主の管理
全ての貸主に連絡をとり、借主の個人情報登録と疫病予防を促す。


監管(街の管理部門)は、全ての小区において、物業管理の業務履行がされているか、および消毒や体温測定、疫病予防の広報活動が行われているかを監視し、不備があった場合には厳粛な処罰を行なう。

疫病予防は厳重な任務であることを自覚し、1.3万の小区、1800の物業管理会社、そして30万人の物業管理の者は、第一線で頑張ってもらいたい。

shanghai_jiangning200205-1


----------------------
社区:日本でいうと、大都市の〇丁目〇番地のようなもので、郊外ではない限り、一つのマンション群の場合もある。小区というのは、一つのマンション群を表すが、1〜2棟だったり、10棟以上あったりと、まちまち。
2〜3階建ての、昔ながらのラオファンズ(老房子)も含めて、小区はたいてい塀で仕切られており、出入り口も多くはない。

街道:日本でいう町会という感じ

上海市では、「市>区>街道>社区(>小区)」

例えば、上海市静安区江寧路街道〇〇社区となり
住所でいうと、江寧路365号静安□□花苑、となってます
---------------------------
shanghai200205-1



china_support at 17:20|Permalink

January 25, 2020

1月27日から、中国から海外への渡航禁止

中国共産党機関紙・人民日報は25日、中国当局が、海外への団体旅行を27日から停止することを決めた。

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が、海外でも広がっているため、異例の措置に踏み切る。

→規制されるのは団体旅行なので、個人旅行は含まれないのでは??


shanghai20200125-1

すでに数万人が来日している今、マスクに手洗い、除菌などは、かかさずに
なるべく人の多いところには近づかないようにしましょう



china_support at 23:55|PermalinkComments(0)

July 05, 2019

「上海市生活ゴミ管理条例」2019年7月1日から実施、観光客も含め違反者は罰則対処

7月1日から、中国史上最も厳しいと言われる、上海のゴミ分別が始まった。
同時に中国の各地でも、強制的にゴミを分別することになる。
ゴミを強制的に分別する時代へと突入した。
shanghai_gomi3


〇4種類に分ける上海のゴミ

ゴミの分別は、乾湿の2種類に分けるのが基本である。残飯等の生ゴミを分けることで、プラスチックや紙などその他の乾いたゴミの汚れを防ぐのである。しかし、上海では、このたびの生活ゴミを分別するにあたり、4つに分類する。

資源ゴミ・有害ゴミ・湿ったゴミ・乾いたゴミ
shanghai_gomi

それは主に、末端処理設備の能力や、処理の利便性によって決められたものである。
しかし、分類の言葉だけを見ると、分類基準が分かりづらい物もあるので注意が必要だ。

単に乾いた、湿ったということばで判断してはいけないということで、いきなりこのような分類表を渡されても、どれほどの人が理解できることやら

例えば、乾燥シイタケは、乾いているけど湿ったゴミだし、鳥などの小さめの骨は湿ったゴミだが、牛や豚の大きめの骨は乾いたゴミだったり。
おむつやウエットティッシュは乾いたごみ。
ちまきの中身は湿ったゴミだが、周りの笹の葉は乾いたゴミとか、かなり複雑で細かいものとなっている。

shanghai_gomi2


〇罰金を科す課すことで、ゴミ分別をさせる上海

個人または企業が規定通りにゴミを分別しなかった場合、処罰の対象となる。

個人がゴミを分別しないまま捨てた場合、50元〜200元の罰金が科せられるほか、企業が規定通りにゴミを分別しなかった場合は最高で5万元の罰金が科せられる。生活ゴミ回収企業やゴミ処理企業が規定を違反した場合は、それぞれ最高10万元と50万元の罰金が科せられ、その行為が深刻であった場合、営業許可証を取り下げることもあるとしている。また、信用情報にもリンクしているともいわれる。

なお、城管(都市管理法律執行当局)は、全ての場所を常に監視できるものではないが、監視カメラや市民が撮影した画像や映像も証拠として採用すると発表。すでに実行されている。

ゴミの削減促進の一環として、飲食サービス提供者と飲食配送サービス提供者に対して、消費者に使い捨ての箸やスプーンを。また、宿泊施設は客室での使い捨てアメニティを、それぞれ積極的に提供してはならないとしている。


〇大都市だけでなく、中国全土で大問題となっているゴミ

第13次5カ年計画(2016〜20年)の中国都市部ゴミ処理施設建設計画によると、2020年末までに都市生活ゴミ焼却処理能力を埋立ての能力を超えなければならず、同時にバイオ処理施設の建設で、生ごみの処理を増やさない限り、環境汚染を抑えることができないのである。
もう、後が無い状態である。


〇観光客も例外ではない
観光客や出張者でも、例外ではありません。ホテルによっては、捨てる時間が決められたりしているようです。
街中で飲んだタピオカミルクティーを捨てる際でも、分別して捨てなければ罰金だったりしますので、要注意です。
モノにもよりますが、例えば残ったタピオカは湿ったゴミ、コップは乾いたゴミ、そして蓋は資源ゴミだったりとか・・・。
気を付けてくださいね。



china_support at 12:36|PermalinkComments(0)

May 01, 2019

中国でアフリカ豚コレラが続発

家畜伝染病のアフリカ豚コレラ(ASF)が中国で猛威を振るっている。この伝染病は、豚にとっては致命的だが、いまのところ人に感染することはない。
アフリカ豚コレラが豚に及ぼす影響は恐ろしいものだ。感染した豚には発熱や下痢、元気消失といった症状が見られる。
butaniku

中国は世界最大の豚肉の生産国であり、最大の消費国である。
中国は2019年、アフリカ豚コレラの大流行により、国内で飼育されている豚の3分の1である、2億頭を殺処分することになると見られる。
中国の生産量の大幅な減少と需要の高まりは、世界の豚肉価格を高騰させそうである。



中国政府は、食肉処理場の検査を強化したり、感染地域の周辺に緩衝地帯を設定したり、生きている豚の移動を制限することで、感染拡大を必死に食い止めようとしていると報告している。感染拡大を防ぐため、中国ではこれまでに約102万頭の豚が処分されたと、農業農村部は4月に報告している。

政府はまた、感染を報告しなかった農家に対して、何らかの法的罰則を与えると、2019年1月に通知しているが、実際には多くの農家や生産者が感染を見落とし、もしくは故意に隠蔽し、流通させていると言われている。
さらに、死亡した豚が川や水路に積まれていたり、死んだ豚を埋めたにもかかわらず、掘り起こして裏流通させているという情報も。
未許可の処分場で感染豚を加工し、販売する事件や、検疫証明の手続きをごまかして感染豚を流通させる事件も複数起きている。

政府関連機関の発表によると、この伝染病に関連する刑事事件は32件、逮捕者は90人に上り、不法に出荷されるなどした生きた豚は1万5,000頭以上、豚肉と豚肉の加工製品は140トンを超えている。

中国人的には、どうせ火を通すのだから、人間が食べても死なないものだから、みすみすお金を捨てるわけにはいかないと考えて当然だ。
売るのも買うのも中国人。自分が儲かるために、世界的な危機は関係ないのである。
感染した豚肉は、すでに相当な量が出荷・流通している。

ASFは感染した豚との直接接触以外にも感染した豚肉を豚が摂取した場合や作業員の衣服や使用した器具、微量のウイルスが混入した飲み水からも感染する。豚や野生のイノシシは、家庭の生ごみから排泄物、他の豚の死骸までさまざまなタンパク源を摂取するため、飼育が低コストな半面、ASFの感染が広がりやすい。

地球上で飼育される豚の約半分の4億4000万頭が、家畜の感染防御策をほとんど施していない中国で飼育されている。この結果、致死率100%のASFの感染率が中国で現在も高まっている。さらに、陸続きの国境をまたいだ取引が継続しており、周辺国に感染が広がっている。

中国国内では、地域間の価格差で利益を得ることや、肉の鮮度へのこだわりがあり、現在も長距離の輸送が続けられており、さらに輸送された豚は到着後すぐに移動先の豚と一緒にされる。このため殺処分や市場の閉鎖、輸送制限などの政府による対策は全くできていないことになる。

中国政府は養豚業者に1頭につき1200元(約2万円)の損失補償をしているが、補償を農家に知らせず、搾取する共産党の悪い風習がのこっている地方政府もある。

中国で食品にASFウイルスが見つかったという公式の発表はしていない。しかし日本や韓国、オーストラリア入国の際に没収された中国製の豚肉製品にASFウイルスが確認されている。

中国国内での報道にも、規制がかかっているため、知らない人民も多いのである。

続きを読む

china_support at 01:02|Permalink