中国・環境

February 14, 2020

いまさら聞けない「自宅隔離」の疑問

日本や中国のニュースとかインターネット情報とかで見ていて、疑問に思ったことが有るのです。

そもそも
自宅隔離ってどういう隔離なの?

そして、いつ検査しているの?

勝手に買い物とか行ってもいいものなの?

まー主に中国での状態を思い描いてますが・・・

haien200213
例えばの話です
おじいちゃんがどこかでプリッとコロナ君をもらっちゃって、家に帰ったとします。
そのときはまだ感染しているかどうかわからないので、普通に生活しているわけですよ。

でついでにその他の仮定をすると、Day4にお父さんとお母さんが感染。おばあちゃんがDay-5で感染。子供がDay-9に感染したとします。

Day-7におじいちゃんが発症して、熱とか出ちゃってますが、検査の結果が1日以上かかるので、風邪なのかコロナ君なのかわからず、看病なんかしちゃってます。
一応マスクとかしてても、子供ですから、口とか触ったかもしれませんし、もしくはその前に感染したお母さんからうつったのかもしれません。

Day-9くらいにやっとコロナ君だと確定して、入院することになったのですが、この時点で見えないけどみんな感染している感じです。

翌日Day-10には、お母さんも咳が出てきて、自宅の一室に居てもらい、食事以外はほかの人が入らないようにしていたりするのですが、昨日のおじいさんの入院もあり、マンションの他の人たちからは白い目で見られ、買い物も行けない状態。

買い物は、防護服を着た民生委員の人が届けに来てくれるけど、一切部屋からは出られず、窓も開けられない状態。

実はお父さんと子供は、感染しているけど症状が出ていなかったので、マスクと手洗いで十分だと思っていた・・・なんて。

そしたら、Day-15くらいに、おばあちゃんが咳をしだして熱も・・・かなりの重症のようです。

おじいちゃんは、比較的症状が軽く、一応完治となったDay-16。でも、家には咳をしている人が居るので、帰るとあまりよくないが・・・というのは、
「コロナ肺炎にかかっても抗体が出来たり、免疫ができるわけではない」らしく、二度目にかかると、一度目よりも症状が重くなるらしいのです。

などと言っていたら、Day-17に入院したおばあちゃんが、翌日FDay-18に死亡。

コロナ肺炎などの感染症の場合は、葬儀と言っても、家族は一緒に立ち会えず、病院での死亡後は消毒梱包され、搬送、火葬して、次に会うのは骨になってからです。(中国)

しかも、家族は自宅隔離だったら、受取にも行けない。

----

などと言ってるうちに、お母さんの容体が良くなっているが、ちゃんとした症状じゃないと病院にも行けないので、本当はコロナ肺炎かもしれないけど「不明」のままだとか。

おじいちゃんも、家には帰ってきたのですが、じつはお父さんも子供も、無症状ながら感染しているので、ちょっと心労がたまって、まだまた二度目の感染ということも考えられます。
-----

こう考えるとですね
全員が発症して、同時に入院して、個々に隔離して、完治したら無菌状態で帰宅しない限り、スパイラルは止められないのではと思うのですが、いかがなものでしょう??

「考えだしたら、夜も眠れない」→ということで、こんな時間です


長文、失礼いたしました





china_support at 02:11|PermalinkComments(0)

February 13, 2020

死亡者数がいきなり上昇したのは何故か?武漢肺炎の・・・

昨日までは1日100人程度の死者数の増加だったのですが、今日になっていきなり2.5倍に

先日の記事
「湖北のA葬儀場に調査員が聞いた内容から察するに」

のころから、状況が変わってきたのかな?

診断基準の調整後の確定症例数の増加が原因である可能性

新型肺炎(武漢肺炎)が原因とするかしないか、各病院ごとに異なった基準だったようでもあり、先日の「疑似(疑い)」による死亡は、死亡診断書には新型肺炎と記載されておらず、政府の統計にも反映されていないなど、対応の適正化が騒がれ、政府の情報統制にも拍車がかかっている。

それが、ここにきて、疑わしいと分類された症例も、確認された症例に含むことになり、それが死亡者数の統計的変化につながったと言われている。

要は、新型肝炎と確認された人以外は、死亡者数に含まれてなかったのが、昨日から含めることにした

yiqing2002131448

診断能力の改善で、確認者数が増えた

新しい冠動脈肺炎の診断能力を改善し、まだ診断されていない既存の症例を診断することも大切であり、臨床的に診断された症例のベースが増加したことで、死亡者の数が増加していく。
この増加は一時的なもので、恒常的な診断数は、今後低下していくはずなのであるが、それ以上に感染の広がりを見せた場合はその限りではない。

たとえば、一部の医師は臨床診断基準を完全に理解できない場合があり、CTなどの画像診断のみを診断の基準とし、WBCの増減やリンパ球の減少、および他の病原体によって誘引される肺炎のその他の原因を新型肺炎として無視する場合がある。
なお、ウイルス検査には PCR 法など核酸増幅法が、現時点では最も良い方法だが、今後は湖北省の関係者からの説明が必要になると思われる。

さらに、臨床診断の精度を高めるために医師の診断基準と画像特性のトレーニングを強化する必要があります。

先進国として進むのなら、隠蔽を無くし、情報公開が必要なのだが、「情報公開は、中国政府の一番嫌いな言葉」かもしれない





china_support at 16:32|PermalinkComments(0)

湖北のA葬儀場に調査員が聞いた内容から察するに

湖北のA葬儀場と調査員との会話

画像クリックで、別ウインドウに動画が出ます
出なかったら、リンクを保存して、見てください(mp4)
mov200206-1

ここ数日、関係者全員で24時間働いている状態。車も足りていないが、人が全く足りない。
1月20日前は、死亡者はそれほどでもなかったが、その後日に日に死亡者は増加している状態。

現状、病院で死亡すると30分以内に消毒とパッキングが終わる
そのあと30分で公安による手続きなどが終了する
民生部門は、そのあとの30分以内に死体を引き取って搬送しろという
(地域の)共産党の書記(委員長)は、口で言うだけで、常識のかけらもない。(と、怒っている状態)
だいたい、どの場所へも30分で到着することもできない。
(中国の火葬場は比較的郊外にある)

〇2月3日
この葬儀場で引き取った遺体:127体
死亡証明書の記載によると
肺炎を確認:8体
肺炎疑似:48体
その他は記載なし
この日の焼却:116体

mov200206-2



武漢には8つの葬儀場があり、その中にある60を超える火葬設備は、24時間絶え間なく稼働しているという

調査員の計算によると、
2月3日頃は、各葬儀場の焼却施設で、少なくても476体が焼かれていることになる。
しかし、中共衛健委によると、この2月3日までの肺炎による死亡者は425人だ。

----

A葬儀場の遺体引き取りに関してだが、病院に引き取りに行くのが、全体の39%
残り61%は、個人宅への引き取りだという

そして、個人宅への引き取りには、詳細な死亡診断書が無く、しかも焼却を急かされているという・・・



病院で、多くの人が感染の確認がされないうちに、死んでいる。さらに、病院以外での死亡者数は、感染による死亡に含まれない。

などを考えると、例えば2月3日に焼却された人数が、470体で、そのうちの80%が肺炎に関係したとすると、376(F)
この日の中共衛健委の増加死亡者数は65(C)なので
単純に、F/C=5.78(D)倍となると推測できる


おおよそだが・・・
武漢の火葬処理能力を考えても、発表している一日の死亡者数xDで、いい線だと判断できそうだ

あくまで、推測ですが・・・


5.78倍とはね・・・


china_support at 00:45|PermalinkComments(0)

February 09, 2020

中国からの個人旅行はノーチェックで数十万人が来日したよ

中国は1月27日から国外への団体旅行を禁止した

日本では、武漢からの飛行機と、湖北省のパスポートを持つ中国人の入国を禁止した。

でも、中国からの個人旅行は、何万人もほぼノーチェックで日本に入国しているのです

例えば・・・

新千歳空港
1月24日から2月2日まで10日間に、新千歳空港から日本に入国した中国人の数は、およそ1万2900人(昨年の春節19100人の32%減)

成田空港
1月24日から1月30日までの7日間に、成田空港から入国した中国人の数は、およそ3万3900人(昨年の春節43300人の22%減)

というように、団体旅行が禁止されても、個人旅行で日本に入国した人は20〜30%の減少にとどまっています。

ということは・・・?

2020年の春節に日本に来る中国人は100万人

と言われていたのですが
少なく見積もっても、60万人くらいは来たのでは?

air20200209-1


それはなぜかというと

中国の人気旅行サイトCTRIP(中国以外ではtrip.com)によると
日本に来る旅行のうち、団体旅行は35%だと


これだけ新型肺炎が蔓延しても、インバウンドが〜!とか言ってる方は勇気がある!

そこでもう一つ

tripcom2020_shunsetu

中国人で、日本旅行を予定している人の人数TOP9に武漢が入っています

武漢が閉鎖される直前に、武漢から500万人が脱出したという
(これは噂ですが、300万人はホントでしょう)
→ 武漢の警察と共産党は、現在何人が居るので、何人脱出したかは把握しているはずです

ここから想像するに、5万人の武漢市民が日本に来ていることになります
→ そのうちの一部が、成田から関西へにツアーに参加して、バス運転手に感染させたのでしょう

二次感染、三次感染など、症状が出現しなくても感染ルートを広げていると思います。
これから、いろいろな場所で出てくることを念頭に、毎日の生活をしていくことが重要だと思います





china_support at 02:23|PermalinkComments(0)

February 07, 2020

12月に新型肺炎を注意喚起して逮捕された李文亮さんが死亡

中国の新型肺炎について、12月に医師グループで情報共有をして注意喚起をした医師の「李文亮」さんが亡くなりました。
この医師グループのチャットで、李さんを含む8人が逮捕され、1月3日に訓告処分を受けました。

その第一人者である「李文亮」さんも、新型肺炎に感染し、2月7日に亡くなりました。
20200207-3

-----

当初、李さんは診察した数名の患者が、重症急性呼吸器症候群(SARS)のような症状を示していたことから、グループチャットで他の医師に懸念と注意喚起をしており、患者のサンプルからウイルスが確認されたことを示すテスト結果の写真も投稿していた。

-----
武漢市の警察は1月初旬、李さんに対して、チャットでデマを流し、社会の秩序を大きく乱したと指摘。こうした違法行為を続ければ、刑事責任に問われる可能性があると通告した。
-----
と言っているが、実際には逮捕し、デマを流したことに対する訓誡書にサインをさせていた
20200207-1

サインをさせ、拇印を押させていた押させていた #訓誡書 
ご冥福をお祈りいたします

#李文亮 #英雄 だ!
#武漢肺炎
#武昌 #中南路街派出所
#訓誡書

20200207-2



china_support at 18:42|PermalinkComments(0)