中国・環境

July 05, 2019

「上海市生活ゴミ管理条例」2019年7月1日から実施、観光客も含め違反者は罰則対処

7月1日から、中国史上最も厳しいと言われる、上海のゴミ分別が始まった。
同時に中国の各地でも、強制的にゴミを分別することになる。
ゴミを強制的に分別する時代へと突入した。
shanghai_gomi3


〇4種類に分ける上海のゴミ

ゴミの分別は、乾湿の2種類に分けるのが基本である。残飯等の生ゴミを分けることで、プラスチックや紙などその他の乾いたゴミの汚れを防ぐのである。しかし、上海では、このたびの生活ゴミを分別するにあたり、4つに分類する。

資源ゴミ・有害ゴミ・湿ったゴミ・乾いたゴミ
shanghai_gomi

それは主に、末端処理設備の能力や、処理の利便性によって決められたものである。
しかし、分類の言葉だけを見ると、分類基準が分かりづらい物もあるので注意が必要だ。

単に乾いた、湿ったということばで判断してはいけないということで、いきなりこのような分類表を渡されても、どれほどの人が理解できることやら

例えば、乾燥シイタケは、乾いているけど湿ったゴミだし、鳥などの小さめの骨は湿ったゴミだが、牛や豚の大きめの骨は乾いたゴミだったり。
おむつやウエットティッシュは乾いたごみ。
ちまきの中身は湿ったゴミだが、周りの笹の葉は乾いたゴミとか、かなり複雑で細かいものとなっている。

shanghai_gomi2


〇罰金を科す課すことで、ゴミ分別をさせる上海

個人または企業が規定通りにゴミを分別しなかった場合、処罰の対象となる。

個人がゴミを分別しないまま捨てた場合、50元〜200元の罰金が科せられるほか、企業が規定通りにゴミを分別しなかった場合は最高で5万元の罰金が科せられる。生活ゴミ回収企業やゴミ処理企業が規定を違反した場合は、それぞれ最高10万元と50万元の罰金が科せられ、その行為が深刻であった場合、営業許可証を取り下げることもあるとしている。また、信用情報にもリンクしているともいわれる。

なお、城管(都市管理法律執行当局)は、全ての場所を常に監視できるものではないが、監視カメラや市民が撮影した画像や映像も証拠として採用すると発表。すでに実行されている。

ゴミの削減促進の一環として、飲食サービス提供者と飲食配送サービス提供者に対して、消費者に使い捨ての箸やスプーンを。また、宿泊施設は客室での使い捨てアメニティを、それぞれ積極的に提供してはならないとしている。


〇大都市だけでなく、中国全土で大問題となっているゴミ

第13次5カ年計画(2016〜20年)の中国都市部ゴミ処理施設建設計画によると、2020年末までに都市生活ゴミ焼却処理能力を埋立ての能力を超えなければならず、同時にバイオ処理施設の建設で、生ごみの処理を増やさない限り、環境汚染を抑えることができないのである。
もう、後が無い状態である。


〇観光客も例外ではない
観光客や出張者でも、例外ではありません。ホテルによっては、捨てる時間が決められたりしているようです。
街中で飲んだタピオカミルクティーを捨てる際でも、分別して捨てなければ罰金だったりしますので、要注意です。
モノにもよりますが、例えば残ったタピオカは湿ったゴミ、コップは乾いたゴミ、そして蓋は資源ゴミだったりとか・・・。
気を付けてくださいね。



china_support at 12:36|PermalinkComments(0)

May 01, 2019

中国でアフリカ豚コレラが続発

家畜伝染病のアフリカ豚コレラ(ASF)が中国で猛威を振るっている。この伝染病は、豚にとっては致命的だが、いまのところ人に感染することはない。
アフリカ豚コレラが豚に及ぼす影響は恐ろしいものだ。感染した豚には発熱や下痢、元気消失といった症状が見られる。
butaniku

中国は世界最大の豚肉の生産国であり、最大の消費国である。
中国は2019年、アフリカ豚コレラの大流行により、国内で飼育されている豚の3分の1である、2億頭を殺処分することになると見られる。
中国の生産量の大幅な減少と需要の高まりは、世界の豚肉価格を高騰させそうである。



中国政府は、食肉処理場の検査を強化したり、感染地域の周辺に緩衝地帯を設定したり、生きている豚の移動を制限することで、感染拡大を必死に食い止めようとしていると報告している。感染拡大を防ぐため、中国ではこれまでに約102万頭の豚が処分されたと、農業農村部は4月に報告している。

政府はまた、感染を報告しなかった農家に対して、何らかの法的罰則を与えると、2019年1月に通知しているが、実際には多くの農家や生産者が感染を見落とし、もしくは故意に隠蔽し、流通させていると言われている。
さらに、死亡した豚が川や水路に積まれていたり、死んだ豚を埋めたにもかかわらず、掘り起こして裏流通させているという情報も。
未許可の処分場で感染豚を加工し、販売する事件や、検疫証明の手続きをごまかして感染豚を流通させる事件も複数起きている。

政府関連機関の発表によると、この伝染病に関連する刑事事件は32件、逮捕者は90人に上り、不法に出荷されるなどした生きた豚は1万5,000頭以上、豚肉と豚肉の加工製品は140トンを超えている。

中国人的には、どうせ火を通すのだから、人間が食べても死なないものだから、みすみすお金を捨てるわけにはいかないと考えて当然だ。
売るのも買うのも中国人。自分が儲かるために、世界的な危機は関係ないのである。
感染した豚肉は、すでに相当な量が出荷・流通している。

ASFは感染した豚との直接接触以外にも感染した豚肉を豚が摂取した場合や作業員の衣服や使用した器具、微量のウイルスが混入した飲み水からも感染する。豚や野生のイノシシは、家庭の生ごみから排泄物、他の豚の死骸までさまざまなタンパク源を摂取するため、飼育が低コストな半面、ASFの感染が広がりやすい。

地球上で飼育される豚の約半分の4億4000万頭が、家畜の感染防御策をほとんど施していない中国で飼育されている。この結果、致死率100%のASFの感染率が中国で現在も高まっている。さらに、陸続きの国境をまたいだ取引が継続しており、周辺国に感染が広がっている。

中国国内では、地域間の価格差で利益を得ることや、肉の鮮度へのこだわりがあり、現在も長距離の輸送が続けられており、さらに輸送された豚は到着後すぐに移動先の豚と一緒にされる。このため殺処分や市場の閉鎖、輸送制限などの政府による対策は全くできていないことになる。

中国政府は養豚業者に1頭につき1200元(約2万円)の損失補償をしているが、補償を農家に知らせず、搾取する共産党の悪い風習がのこっている地方政府もある。

中国で食品にASFウイルスが見つかったという公式の発表はしていない。しかし日本や韓国、オーストラリア入国の際に没収された中国製の豚肉製品にASFウイルスが確認されている。

中国国内での報道にも、規制がかかっているため、知らない人民も多いのである。

続きを読む

china_support at 01:02|Permalink

March 15, 2019

更なる検疫強化を!中国からの旅客は全数検査を提言。アフリカ豚コレラ対策

豚コレラ以上の危険を含む、アフリカ豚コレラ
中国では相当ヤバいことになっています

中国語では「非洲猪瘟病毒核酸」です

2019年に入ってから、数多くの手荷物で発見されています

お願いだから、持ってこないで・・・と嘆願したいのですが
こればかりは、税関・入国検査でチェックしていただくしか有りません
xiangchang

肉類だけでなく、肉が含まれているもの、そして、肉の加工をした同じ場所で加工されたもの・・・というと、ほぼ全部の食品は持ち込めないと思います
そのくらい徹底しないと、日本が汚染されてしまうのです。

中国の税関では、時には全数検査を行い、肉類や海産物など、生はもちろん干物でも缶詰であろうとも没収です。それ以上に厳しくしないと、持ち込む人があまりにも多いのです。
時間がかかってもいいから、中国からの荷物は、全て開けて確認すべきだと思います
また、それ以上に、中国での周知と、機内放送での告知も含めて、行なうべきかと。

本気で危険です
asf-237




china_support at 03:08|Permalink

October 15, 2018

上海で信号無視すると警告メッセージ流れるシステムを導入

「赤信号です。しばらく待ちなさい。ラインを越えています。少し下がって待ちなさい」。上海の観光エリアの交差点に設置された信号無視をしようとする歩行者に警告を発する中国初のシステム。
181015-1

信号無視をしようとする歩行者への警告メッセージが流れるこの新型システムには、LEDライトと、音声による警告以外に、交通ルール違反者を高画質カメラで撮影する機能も備えており、顔認識により、姓名や身分証明書番号まで公表することも可能だという。
リアルタイムでLEDスクリーンに表示することもできるのである。


china_support at 11:10|Permalink

September 15, 2018

強生タクシーが上海初のEV運用開始

上海市で第1陣となるEVタクシーが9月から続々と姿を現し、市内を走り始めている。

cs180915

ワゴン型の車体により、乗車スペースだけでなく後部トランクの容量が拡大。キャリーバッグを持っていても、4人乗車可能であり、後席真ん中でもそれほど窮屈さを感じない。

同社によると、このEVタクシーは約5時間ほどの通常充電で100%充電し、40分ほどのクイック充電で80%まで充電可能でき、航続距離は260〜300kmと、通常の営業走行距離には問題ない。推算によると、1台のEVを1ヶ月使用することで、ガソリン1000リットル以上を節約でき、CO2排出量を3000キロ減らすことができるという。

ベース車両の「栄威Ei5」は、通常の販売価格が22万元前後だが、国からの補助が5〜10万元あり、実際には13〜17万元となっている。
機能的には、スマート音声アラーム、ブルートゥース通信などの補助設備を備えているほか、QRコード決済はもちろん、ドライバー顔認証、安全走行アラームなど新たな機能を追加している。またワンキー通報機能があり、ドライバーや乗客はトラブル発生時にすぐに救助を求めることができるという。



china_support at 09:15|Permalink