日本エトセトラ

March 16, 2019

芸能人の薬物事件と過去の封印

最近、芸能人の事件が発生すると、過去の出演作に関しても否定する動きが、どうも気にかかります
今回、ミュージシャンで俳優のピエール瀧さんが逮捕されました。
cs20190315_1

厚生労働省麻薬取締部。内偵捜査の末の逮捕なのですが、
家宅捜索を行ったときに、薬物は見つからなかった。しかし、任意同行を求め、尿検査でコカインの陽性反応が出たことで逮捕することができたのだろう。(コカイン吸引時に使用していたと思われる)ストロー状に丸められた韓国のウォン紙幣を押収したことが明らかになっている。
コカインは海外ではセレブが使用する薬物として知られている。それもそのはず、大麻などに比べて、とても高価で、アメリカでさえ1gあたり2万円を超えており、金よりも高いのである。
kenkyosu_h30

そのため、日本に入るコカインの量もかなり少なく、覚せい剤や大麻に比べて、検挙される数も極めて少ないのが特徴です。

しかも、取り締まる方からすれば、体内に成分がとどまる時間の短いコカインで摘発するには、慎重に捜査を進めたはずなので、今回のように、薬物は見つからずとも、尿検査で発見されたことは、救いだったともいえる。
今回の逮捕で、違約金や損害賠償請求が10億円にも上るといううわさもあるが、これについては、個人的にどうかと思うのです。
先日の新井さんに関してもですが、事件以前の出演作に関しては、もちろんTV放映を控えるというTV局側の意見であれば良いと思いますが、オンデマンドやPrime videoなど、プッシュ式の鑑賞については、あえて隠さなくてもよいと思っています。
嫌な人は見なければ良いのですから!

今後さらに薬物使用の有名人が逮捕されると思いますが、過去の作品まで封印するのは、やめてほしいと思います。(あくまで、個人の感想です)

china_support at 00:05|Permalink

February 16, 2019

遺伝子検査っていうものをやってみた

皆さんも、いろいろと目にしたことが有ると思います

「遺伝子検査」

わたしも、たまたま目にした一人です

誕生日も近かったので、自分への誕生日プレゼントということで・・・

一番興味があったのは「ハプログループ」
ミトコンドリアハプログループと、Y染色体ハプログループがわかります
gene03
ミトコンドリアハプログループ→D4
Y染色体ハプログループ→C でした

検査に行ったわけじゃなくて、宅配郵送でOKです
kit_ge2
Genesis2.0
生まれ持った病気のリスクや体質などがわかる、自宅でできる遺伝子検査キット
遺伝子を調べることでかかりやすい病気、肥満タイプや肌タイプなど体質や身体的特徴がわかり、自分にあった病気の予防、ダイエットやスキンケアが可能になります。

誕生日の日に、唾液を採取して、郵送しました
で、その結果が出ましたとメールがあって
サイトにログインしてみてみると・・・
Genesis2kekka
と、まぁたくさん

知らない言葉がたくさん出てきて
ググりながら見てたら、スゲー時間がかかります

とりあえず、疾病や体質に関する内容を見ると、これからの生活に気を付けていく気にもなります


役に立つかどうかは別として、これはやっておいた方が良いかも
おススメです



china_support at 14:28|PermalinkComments(0)

September 01, 2015

台湾の五月天 Just Rock It 2015 TOKYO

台湾のロックバンド五月天(メイデイ)が、武道館で来日コンサート。中華圏発のバンドでとしては初めて。
Just Rock It 2015 TOKYOは、8月28日の「Do you ever shine」、8月29日の「抱きしめて」の2日間。
1999年にメジャーデビューした五月天は、ヨーロッパなどでは「中華圏のビートルズ」と呼ばれている。

スペシャルゲストは、日本の人気バンドflumpool。台湾では誰もが知る往年のヒットソング「向前走」を歌い拍手喝采を浴びたほか、映画「おしん」のテーマソングになった「Belief〜春を待つ君へ〜」をメイデイと共に披露した。

観客の大半は台湾および中華圏から詰めかけたファンだったが、メイデイを初体験する日本人ファンに向け、「Do you ever shine」をはじめ「抱きしめて」「OAOA」など日本語の楽曲も盛りだくさんのステージとなった。

cs20150901_mayday
cs20150901_mayday2



china_support at 20:00|PermalinkComments(0)

August 04, 2015

日本は米国の属国だから、盗聴されても文句は言わない

ウィキリークスは、米政府が日本の政界要人、重要な政府機関、大企業を盗聴していたことを暴露した。だが日本政府の反応は驚き呆れるものであり、抗議もしなければ苦情も申し出ないうえ、米国の行為に「理解」を表明する政府高官すらいる。
日本政府の態度は、米国から盗聴されたドイツやフランスとは全く違う態度で、戦後70年経っても米国の領地とされているようなものだ。

日本の菅義偉内閣官房長官は、仮に盗聴が事実なら同盟国として極めて遺憾とする一方で、日本の機密保全措置は万全であり、機密の漏洩はないと強調したが、米国は同盟国とは思っていないのは事実。
今回、公表された盗聴件数は35件という事だが、実は表に出ない相当な数が自動で盗聴されていると思われる。
日本側から公の抗議表明が無いことからも、「米国に従属した日本」という認識は、ほとんどの政府関係者がもっている。

盗聴問題に対する米国のダブルスタンダード。
米国は、国益追求のために同盟国政府も盗聴の対象にしている一方、米企業の情報を盗んでいると常に中国などを非難しており、二重基準をものともしない。
日本政府も米国政府も安倍首相は米国の奴隷で、日本は米国の属国と思っている



china_support at 22:44|PermalinkComments(0)

May 29, 2015

中国人と日本人の国際結婚、4割が離婚

日本の国際結婚は、1996年以降、中国人が最上位を保っている。厚生労働省の統計によると、中国人と日本人の国際結婚は2000年に初めて1万組を突破。2008年には10万組に達した。しかし、2003年以降、中国人と日本人の国際結婚の離婚率が40%に達している。

中国黒竜江省方正県では、日本人の男性と結婚する女性が増加している。2011年前後、毎年200人以上の同県の女性が日本人と結婚した。同県で婚姻届を出す数の10%もの女性が日本人と結婚し、その女性からの家族や親せきに対する送金額は毎年8000万円に達している。
まさに、貧困脱出のための、結婚だと言えるだろう。

中国の女性が経済的な理由など、現実的な問題から、日本の農村に嫁いでいることがその背景にある。
金のために嫁ぎ、金が無くなれば離婚する・・・ということも少なくない。



china_support at 17:24|PermalinkComments(0)