日本マーケット

March 16, 2019

芸能人の薬物事件と過去の封印

最近、芸能人の事件が発生すると、過去の出演作に関しても否定する動きが、どうも気にかかります
今回、ミュージシャンで俳優のピエール瀧さんが逮捕されました。
cs20190315_1

厚生労働省麻薬取締部。内偵捜査の末の逮捕なのですが、
家宅捜索を行ったときに、薬物は見つからなかった。しかし、任意同行を求め、尿検査でコカインの陽性反応が出たことで逮捕することができたのだろう。(コカイン吸引時に使用していたと思われる)ストロー状に丸められた韓国のウォン紙幣を押収したことが明らかになっている。
コカインは海外ではセレブが使用する薬物として知られている。それもそのはず、大麻などに比べて、とても高価で、アメリカでさえ1gあたり2万円を超えており、金よりも高いのである。
kenkyosu_h30

そのため、日本に入るコカインの量もかなり少なく、覚せい剤や大麻に比べて、検挙される数も極めて少ないのが特徴です。

しかも、取り締まる方からすれば、体内に成分がとどまる時間の短いコカインで摘発するには、慎重に捜査を進めたはずなので、今回のように、薬物は見つからずとも、尿検査で発見されたことは、救いだったともいえる。
今回の逮捕で、違約金や損害賠償請求が10億円にも上るといううわさもあるが、これについては、個人的にどうかと思うのです。
先日の新井さんに関してもですが、事件以前の出演作に関しては、もちろんTV放映を控えるというTV局側の意見であれば良いと思いますが、オンデマンドやPrime videoなど、プッシュ式の鑑賞については、あえて隠さなくてもよいと思っています。
嫌な人は見なければ良いのですから!

今後さらに薬物使用の有名人が逮捕されると思いますが、過去の作品まで封印するのは、やめてほしいと思います。(あくまで、個人の感想です)

china_support at 00:05|Permalink

February 16, 2019

遺伝子検査っていうものをやってみた

皆さんも、いろいろと目にしたことが有ると思います

「遺伝子検査」

わたしも、たまたま目にした一人です

誕生日も近かったので、自分への誕生日プレゼントということで・・・

一番興味があったのは「ハプログループ」
ミトコンドリアハプログループと、Y染色体ハプログループがわかります
gene03
ミトコンドリアハプログループ→D4
Y染色体ハプログループ→C でした

検査に行ったわけじゃなくて、宅配郵送でOKです
kit_ge2
Genesis2.0
生まれ持った病気のリスクや体質などがわかる、自宅でできる遺伝子検査キット
遺伝子を調べることでかかりやすい病気、肥満タイプや肌タイプなど体質や身体的特徴がわかり、自分にあった病気の予防、ダイエットやスキンケアが可能になります。

誕生日の日に、唾液を採取して、郵送しました
で、その結果が出ましたとメールがあって
サイトにログインしてみてみると・・・
Genesis2kekka
と、まぁたくさん

知らない言葉がたくさん出てきて
ググりながら見てたら、スゲー時間がかかります

とりあえず、疾病や体質に関する内容を見ると、これからの生活に気を付けていく気にもなります


役に立つかどうかは別として、これはやっておいた方が良いかも
おススメです



china_support at 14:28|PermalinkComments(0)

October 28, 2018

大阪でも滴滴出行!

滴滴出行の中華圏のユーザーが利用できる海外の都市がまた一つ増えた。

180928-2

中国大陸と香港、台湾の滴滴出行ユーザーは、中国国内版の最新版アプリをインストールしていれば、大阪でもタクシー配車依頼ができる。
サービス対象エリアは、関西国際空港を含めた泉州エリアと大阪市内。

滴滴出行の中国版アプリをそのまま使うだけ
アプリ内には、運転手との会話で使える翻訳機能(日本語と中国語間)を搭載。また、中国語と日本語で対応するカスタマーサービスも設置し、中華圏のユーザーの利便性向上を図っている。

180928-1

DiDiモビリティジャパンの配車管理プラットホーム。
車両をオンラインで管理するプラットホームは、滴滴のシステム「谷雨」をベースにしている。このシステムは、滴滴出行が、中国や南米のタクシー事業者数百社と長期にわたって提携しながら改良を重ねたもので、世界でも最も広く使われているスマート配車システムとなっている。
DiDiモビリティジャパンは今後、順次対象エリアを拡大し、京都、福岡、東京など日本の主要都市でのサービス提供を計画している。

日本のタクシー市場は世界で最も価値ある市場トップ3に入っているものの、料金が高く、市場が縮小化している。今後、ライドシェアのUberとともに、市場の争奪戦に突入している。
Uberは現在、兵庫県淡路島でテスト運営を行っている。



china_support at 21:28|PermalinkComments(0)

July 25, 2018

CTRIPがTrip.comブランドでグローバル戦略

オンライン旅行予約サイト・携程旅行網が、グローバル化の第一歩として選んだ日本。
2017年に買収により傘下となったTrip.comブランドを、6月16日に正式に運営開始した。
18072501

日本におけるTrip.comの認知度向上を図り、事業拡大の一端を狙い、日本で三井住友カードと銀聯国際の2社と提携したクレジットカード「Trip.comグローバルカード」を発行した。Ctripが中国以外でクレジットカードを発行するのは今回が初めて。

Trip.comグローバルカードはTrip.comのホテル予約で利用できる最大10%の割引コードを付与。また、桜シーズンやゴールデンウィーク期間に行う各種割引セールを先行案内する。このほか、対象ホテルでのレイトチェックアウトや無料岩盤浴など、提携施設におけるタイアップサービスや最高2000万円の海外・国内旅行傷害保険を付帯する。


Ctrip日本事業強化、5年後に取扱規模2倍に
Trip.comは多言語対応の旅行予約プラットフォームで、海外市場を主なターゲットとし、日本語含む10数言語でサービスを提供。
18072502

携程によると、日本のオンライン旅行市場ではモバイル端末の割合が徐々に増加しており、今は非常に有利な市場環境となってきているという。
このたび日本で新ブランドを打ち出した後には、5年で国際市場での収入を40〜50%増やす計画だ。

2016年より、携程はグローバル化をスタートさせており、米国Trip.comだけでなく、英国のスカイスキャナーも買収し、米国シーガルホリデーとユニバーサルビジョンの現地旅行会社やインド最大のオンライン旅行代理店メイクマイトリップにも投資している。

今後は、日本の現地旅行プラットフォームとの競争もあるが、国際市場にはエクスペディアやプライスラインなどの大手も立ちはだかっている。まだまだ、目が離せない市場だ。


china_support at 10:26|PermalinkComments(0)

July 11, 2018

Apolong,世界初Level4自動運転バスの動向

中国初のハンドルのない商用級自動運転バス「アポロン(Apolong)」中国語名「阿波龍」。
すでに2018年4月には、テストナンバーを発給され、展示会場などで運用されているが、このたび百度はLevel4自動運転バスの納品を始めた。
18071103


100両以上が完成しており、大陸各地区への販売以外に、日本のソフトバンク子会社であれう、SB DRIVEにも10両が販売され、テストが開始されている。
また、日本ではホンダがアポロンの研究開発に参加しているほか、パイオニアもテストに参加予定だという。

SB Driveは、2018年内には、すでに購入したフランスNavyaの自動運転バスを、福島第一原発や、兵庫県播磨科学公園都市などで、実用テストを始める。
目下、SB Driveは、2020年の羽田国際空港での、自動運転業務に向けて、どの製品を採用するかテスト中である。今後のテスト結果を見ふまえて、決定していくという。

Apolongは百度と金龍が共同開発した世界初Level4自動運転バスだが、現段階では学校や公園など、封鎖された場所でのみの運用となっている。
百度は今後、Apolongを販売以外にレンタルやIT技術の権利商売も考慮しているという。
18071101
18071102




china_support at 09:54|PermalinkComments(0)