日本マーケット

July 25, 2018

CTRIPがTrip.comブランドでグローバル戦略

オンライン旅行予約サイト・携程旅行網が、グローバル化の第一歩として選んだ日本。
2017年に買収により傘下となったTrip.comブランドを、6月16日に正式に運営開始した。
18072501

日本におけるTrip.comの認知度向上を図り、事業拡大の一端を狙い、日本で三井住友カードと銀聯国際の2社と提携したクレジットカード「Trip.comグローバルカード」を発行した。Ctripが中国以外でクレジットカードを発行するのは今回が初めて。

Trip.comグローバルカードはTrip.comのホテル予約で利用できる最大10%の割引コードを付与。また、桜シーズンやゴールデンウィーク期間に行う各種割引セールを先行案内する。このほか、対象ホテルでのレイトチェックアウトや無料岩盤浴など、提携施設におけるタイアップサービスや最高2000万円の海外・国内旅行傷害保険を付帯する。


Ctrip日本事業強化、5年後に取扱規模2倍に
Trip.comは多言語対応の旅行予約プラットフォームで、海外市場を主なターゲットとし、日本語含む10数言語でサービスを提供。
18072502

携程によると、日本のオンライン旅行市場ではモバイル端末の割合が徐々に増加しており、今は非常に有利な市場環境となってきているという。
このたび日本で新ブランドを打ち出した後には、5年で国際市場での収入を40〜50%増やす計画だ。

2016年より、携程はグローバル化をスタートさせており、米国Trip.comだけでなく、英国のスカイスキャナーも買収し、米国シーガルホリデーとユニバーサルビジョンの現地旅行会社やインド最大のオンライン旅行代理店メイクマイトリップにも投資している。

今後は、日本の現地旅行プラットフォームとの競争もあるが、国際市場にはエクスペディアやプライスラインなどの大手も立ちはだかっている。まだまだ、目が離せない市場だ。


china_support at 10:26|PermalinkComments(0)

July 11, 2018

Apolong,世界初Level4自動運転バスの動向

中国初のハンドルのない商用級自動運転バス「アポロン(Apolong)」中国語名「阿波龍」。
すでに2018年4月には、テストナンバーを発給され、展示会場などで運用されているが、このたび百度はLevel4自動運転バスの納品を始めた。
18071103


100両以上が完成しており、大陸各地区への販売以外に、日本のソフトバンク子会社であれう、SB DRIVEにも10両が販売され、テストが開始されている。
また、日本ではホンダがアポロンの研究開発に参加しているほか、パイオニアもテストに参加予定だという。

SB Driveは、2018年内には、すでに購入したフランスNavyaの自動運転バスを、福島第一原発や、兵庫県播磨科学公園都市などで、実用テストを始める。
目下、SB Driveは、2020年の羽田国際空港での、自動運転業務に向けて、どの製品を採用するかテスト中である。今後のテスト結果を見ふまえて、決定していくという。

Apolongは百度と金龍が共同開発した世界初Level4自動運転バスだが、現段階では学校や公園など、封鎖された場所でのみの運用となっている。
百度は今後、Apolongを販売以外にレンタルやIT技術の権利商売も考慮しているという。
18071101
18071102




china_support at 09:54|PermalinkComments(0)

October 12, 2015

40万人の中国人観光客、7日で1000億円

国慶節の連休中に中国大陸部からの観光客数は約40万人で、日本観光産業協会によると、日本で消費した合計金額は約1000億円に達した。

cs20151012_34



china_support at 00:46|PermalinkComments(0)

October 09, 2015

国慶節、海外旅行の人気No.1は日本

上海の出入国管理部門によると、今年の国慶節連休には、中国人の海外旅行で日本が人気TOPだった。10月1〜6日に上海から日本を訪れた中国人観光客はのべ4万8200人で、海外旅行客全体の21.40%を占め、人数は前年同期比68.53%増加。
国慶節連休も終わりに近づき、6日までの上海の出入国者数はのべ63万5200人で、同12.73%増加、一日あたり10万5900人だった。
中国人観光客向けにノービザ政策や到着ビザ政策といった便利な政策をうち出す国が増え続けていること、中国国民の出入境手続きが絶えず簡素化に向かっていることなどから、ますます多くの中国人が国慶節連休期間に海外旅行に出かけるようになった。
東南アジアルートでは、タイツアーに引き続き人気があり、上海からタイへ出かける中国人は同42.86%増加した。
上海発の欧米などへの長距離旅行の人気も引き続き高まっており、旅客数は同約10%増加した。
また先に発生した中東呼吸器症候群(MERS)などの影響により、1〜6日に上海から韓国へ出かけた人は3万人に満たず、同32.12%減少した。



china_support at 00:26|PermalinkComments(0)

April 13, 2015

中国人の爆買い、人気は医薬品

春節期間中に日本を訪れた中国人が、一番多く買ったのは医薬品で、平均購入額は、5200元だった。
温水洗浄便座は3位、炊飯器は5位。

日本の医薬品は使いやすい
日本医薬品が人気である理由が、良く効くことのほか、その使いやすさなのだ。
子供用の解熱剤には、アニメのキャラクターが描かれていたり、フルーツの香りがしたりするので、子供も喜んで飲む。中国を起源としているはずの日本の漢方薬は、パッケージが美しく、詳しい説明も添えられているので、便利で安心できる。かゆみ止めも塗布栓タイプで、とても使いやすい。
日本、韓国の漢方薬の多くは、伝統ある中国医学を起源としている。子供用の薬については、フルーツの香りがしたり、アニメキャラクターが描かれたりしているというのは、中国にも同様の商品がある。
しかし、中国に比べて、製薬技術も優れており、純度や残留農薬、さらに薬の効果の面でも、優位性を誇っているのは確か。一番の理由は「中国のモノは信用できない」のである。

海外の薬品服用も慎重に
日本や韓国の薬も100%安全というわけではない。副作用が起きる可能性はあるのだ。中国人観光客に人気となっている医薬品の多くは、第二類医薬品。これは、副作用などが起きた場合には、日常生活に支障をきたすほどの健康被害が生じるおそれがある医薬品で、説明書に基づいて使用する必要がある。
日本の漢方薬のほとんどが数種類の煎じ薬や散剤に限られており、誰にかかわらず同じ薬が使われている。中国医学では、咳だけを見ても、その原因はさまざまで、原因によって配合する薬も変わる。
消費者が自分の体質を理解した上で使用するならあまり問題はないが、体質がよく分かっていないのに盲目的に使用してしまうと、逆効果の場合もあるが、日本の薬神話は止めようがないのも事実だ。
人によっては、病院に行くより安心ともいう。
中国の薬しか買えない人とは違い、家族のためにも、日本の薬のほうが何十倍も安心して使えるのである。



china_support at 02:59|PermalinkComments(0)