日本マーケット

June 25, 2019

中国のお客様をサポート(都内)

企業視察の案内は、都内なので電車を利用します
ホテルまで迎えに行き、アドバイザー契約先へご案内。
今回は打ち合わせというより顔合わせかな。
一応、中国語の資料は作ってあったようなので、不明点など補足の通訳くらいでした。
午後は、別の企業とのアポがあるということで、確認の電話を入れそちらも同行。

ミーティング後、社長から夕食を一緒にしたいと言われたので、その旨を伝えると快諾。夕食まで、少し時間があるので、夕方に再合流することを伝え、合流場所を連絡いただくことに。
私たちは、それまで浅草寺などへ散歩しに行ってきました。
nippon22


翌日から、3日間ほど大阪・京都に行くというので、夕食後にみどりの窓口へご案内。
新幹線のチケット購入と、帰りの購入申込書の書き方を教えます。

3日後、東京に無事戻り、買い物と食事、帰りの成田空港へはスカイライナーに乗りたいということで、駅の案内をして終了。

良いお友達がまた二人できました。


china_support at 18:00|Permalink

June 24, 2019

中国のお客様をサポート(富士山)

朝、少し早めに迎えに行き、まずは富士山へ
五合目ともなると、さすがに冷えます
jp_guide05

事前に言っておいたのに、半袖Tシャツで、寒そう・・・
ワタシも久しぶりですが、富士山はやっぱりパワースポットですね
jp_guide04

五合目の小御嶽神社を参拝して、忍野八海へ下ります
日帰り温泉も堪能し、御殿場のアウトレットへ
jp_guide02
jp_guide03

ここは、お客さんの8割が中国人ですね

そしてもう一か所
スラムダンクの聖地「鎌倉学園前」交差点です
ここは、駐車場が無いので、私は近くの住宅地で待機
気が済んだら連絡くださいって言ってあります

とりあえず、WECHATを使って、チャットや電話ができるので、やはり便利ですね。

あ、もちろん中国語でのやりとりです。
途中の説明や、歴史なども、調べながらですが、話すのはもちろん中国語です


china_support at 18:00|Permalink

June 23, 2019

中国のお客様をサポート(空港)

あるアドバイザー契約先からの依頼で、中国からのお客さんを案内しました。
日本語は一切できない方々です。
視察は2か所ほど、あとは観光したいというところまでは聞きましたが、それ以外の予定は決めてない様なので、それもおいおい聞きましょう。

とりあえず、こちらの企業の方は中国語が分かる人が少ないうえに、ちょうど出張と重なっているようで、お迎えするお客様とは、WECHATで連絡が取れるようにだけしてもらいました。

これがあれば、空港で「ココにいるよ!」って写真を送れば、いちいち紙をもっていかなくても大丈夫。
そのうえ、事前にお互いの写真もやりとりしているから、顔も分かります。

到着便が着くころには、私も成田空港に到着
久しぶりの第一ターミナル
jp_guide01

飛行機を降りた。荷物をピックアップした。
と、適宜連絡があり、出口のところで無事合流。
そのまま。駐車場まで歩きながら、少し話をして、これからのスケジューリングの参考にします。
東京に向かいながら、近々の予定を聞くと、行ってみたい、見てみたいところが結構あるようです。
ホテルに向かうには、ちょっと早い時間だったので、その一つのお台場経由としました。ちょうど、ホテルに向かう前の、東京湾越しの中心部をながめて、位置関係の説明。

ホテルにチェックイン後、夕食を案内してほしいという事だったので、まずは日本で最初の試練である、刺身です。

翌日以降のスケジュール提案をしながら、おおまかなスケジュール完成です

明日は、富士山方面です



china_support at 18:00|Permalink

June 22, 2019

日本で麻活(マー活)。四川料理の痺れる誘惑

辛い中国料理といえば、「四川料理」と連想する人は多いと思いますが、四川料理はそれほど辛くありません。
このときの“それほど”というのが、どのくらいか・・・ということで、一般的な日本人からしたら、相当辛いのかもしれません。

実際には、辛い料理は「湖南料理」が有名です。

では、四川料理はというと、花椒という山椒の仲間を豊富に使うことで、辛い(辣)というより痺れる(麻)が強いのです。

ですから、四川料理=麻辣というのですね

makatsu02

花椒の誘惑

最近では、花椒がブームとなり、パスタソースやカップ麺などにも使われるようになりました。

先日、「陳家私菜」というレストランに行きましたが、注文の際の辛さを「地獄辛」にしないと、本場の辛さにはなりません。
しかも、持参した花椒(青と赤のブレンド)をかけて食べるくらいが、ちょうどいいのです。
中国でも、たくさんの四川料理屋さんに行きましたが、本当に美味しいのはほんの一部。
しかも、数か月後に行って、コックさんが変わると味も変わります。
そのため、及第点を取った店には、時々行って味を試してみないとわかりません。
makatsu01

麻辣会
上海・麻辣会が今年の秋で100回を迎えようとしています
月に一回の開催なので、8年以上の歴史を持っています
元はといえば、上海にいる日本人で、辛い物が好きだけど、少人数では食べに行きづらい四川料理を、みんなで食べよう!ということで始まった会ですが、最近は日本に帰国したメンバーが、東京でも開催しています。(東京麻辣会)

花椒でいい汗かいて、痺れましょう〜!!

China Supportも、麻辣会を応援しています(参加しています)



china_support at 19:05|Permalink

April 02, 2019

日本に戻って、本当のMIJ

MIJ = Made in JAPAN

昨年から、日本企業が海外での生産能力を削減し、日本国内の生産拠点を拡大する動きが多くなってきた。
mij33

ホンダは英国とトルコの工場を閉鎖予定、日産は英国でのインフィニティ生産を終了予定で、二社とも日本国内での生産を強化する。
キヤノンは宮崎県のデジタルカメラ新工場を夏に稼働予定
資生堂も福岡、栃木、大阪で新工場の建設や生産開始に向けた準備中
ライオンは、香川に歯磨き粉工場、兵庫にマウスウォッシュ工場を準備
ユニ・チャームは福岡の紙オムツ工場で生産を開始
日清食品は関西工場の拡充工事を進めている 

日本のメーカーは、新興市場の消費能力が高まり、高品質で安心安全な日本製品が必要となったうえ、外国人観光客の増加により、日本国内の消費市場の回復と考えられるうえ、円安に伴う輸出メリット増加と、海外での生産コスト増。EPAやCPTPPといった地域間経済パートナーシップ協定締結に伴う輸出時の関税リスク低下と考えられる。

やはりメイドインジャパンは、国内生産の品質も大事である。


china_support at 00:58|Permalink