中国マーケット

September 01, 2018

広深港高速鉄道の西九龍駅

広深港高速鉄道の西九龍駅が公開されました
香港と広州を結ぶ初の高速鉄道で、香港域内区間が、9月23日に開通予定
18090101
「西九龍」「福田」「深セン北」「光明城」「虎門」「慶盛」「広州南」の計7駅が設置され、列車の運行本数は、1日70〜82往復。ピーク時には114往復となる予定。
広深港高速鉄道を経由し中国の都市に直行する長距離列車も1日13往復運行される。北京、上海、昆明、桂林、貴陽、石家庄、鄭州、武漢、長沙、杭州、南昌、福州、アモイ、汕頭など38駅とつながる。


china_support at 18:00|PermalinkComments(0)

July 30, 2018

上半期個人の平均可処分所得3万元超

上半期の個人所得を調査した結果、上海市と北京市で3万元台を超えた。

国家統計局が全国31省・自治区・直轄市の平均可処分所得を発表した。
国家統計局のデータによると、上半期の個人の全国平均可処分所得は14,036元で、前年同期比8.7%増加。物価要因を考慮した実質可処分所得は6.6%の増加となった。

平均可処分所得では、上海が32,612元、北京は31,079元だった。
以下、浙江省の24,147元、天津市の20,986元と続き、江蘇省、広東省、福建省、遼寧省、山東省の9省市で、全国平均を上回っている。

半期で3万元ということは、1年では6万元(100万円)を超えるという事で、2017年に引き続き、大台に乗ることは間違いなさそうです。



china_support at 22:57|PermalinkComments(0)

July 13, 2018

中国のネットユーザーは7.7億人

中国インターネット発展報告書2018によると、2017年末までに中国のモバイルネットユーザー数は5734万人増の7億5,300万人に達した。
ネットユーザー全体では、7億7,200万人(前年比4,074万人増)で、普及率は55.8%。

モバイルソーシャルアプリはネットユーザーの必需品になっており、8割ものユーザが、1日あたりの1時間以上使用している。
利用率が最も高いソーシャルアプリは、微信のモーメンツ(87.3%)、QQ空間(64.4%)、新浪微博(40.9%)となっている。

ネット通販
2017年の中国ネット通販市場取引規模は7兆1,800億元(前年比32.2%増)。

オンライン決済
中国における2017年末時点のモバイル決済利用者数は5億2,700万人(前年比5,783万人増)。モバイルを含めたオンライン決済利用者数は、5億3,100万人(前年比5,661万人増)。

ライブ配信サービスの利用者が急増したのも2017年の特徴。2017年は、約4億人増加し、2019年のサービス利用者数は、5億人を超える見通し。



china_support at 19:12|PermalinkComments(0)

June 01, 2018

中国宅配便産業はスマート時代へ

中国の宅配便産業は、仕分けロボット、自動運転車、ドローンなどの活用で、「労働集約型産業」から「技術集約型産業」へと変貌を遂げている。スマート時代への突入である。。

無人搬送車(AGV)の導入は、スマート倉庫の基本。碁盤の目のような仕分け場所で縦横に動き回り、QRコードを一つ一つ読み取って、素早く正確に荷物を仕分ける。仕分けロボットの作業効率は人間の5〜10倍となり、障害物を自動的によける機能、スマート整列待機機能、自動充電機能などさまざまな機能を備えている。

自動運転車は目的地に合わせて自ら経路を設定し、障害物をよけて進み、コミュニティのエレベーターのバックヤードに入り、エレベーターに乗って、ドア・ツー・ドアの無人スマート配送を実現する。顧客はQRコードをスキャンするだけで荷物の預け入れも受け取りもできる。
ドローンを応用して遠隔地の山間地帯や農村などに荷物を届ける宅配便企業も少なくない。

ドローンと自動運転車は宅配便産業の作業で実際に使用されるようになっている。

物流向け水陸両用ドローン〜U650
18060101

京東商城も、無人配送やドローンの利用、無人倉庫に至っては世界最高レベルに達している。
18060102
18060103



china_support at 10:17|PermalinkComments(0)

May 23, 2018

銀聯カード66億枚(銀行カード産業発展報告)

銀聯カード66億枚(銀行カード産業発展報告)|2018年05月23日

2017年末現在、銀聯カードの世界での発行枚数が累計66億9千万枚に達した。中国銀行カード産業発展報告(2018年)
18052301


2017年に銀聯ネットワークが取り次いだ取引の金額は93兆9千億元(約1626兆2884億円)。銀聯カードの受け入れネットワークは世界168ヶ国(地域)に広がり、カバーする店舗は約5千万店、ATMは約260万台にのぼる。

携帯電話や銀聯ICカードを使う、銀聯の非接触型決済システム「クイックパス(閃付)」は、NFC(近距離無線通信技術)を利用しており、少額で暗証番号やサインが要らない。銀聯のQRコード決済は機能面のサポートがますます豊富になり、産業における応用範囲もますます拡大発展している。


china_support at 12:00|PermalinkComments(0)