中国Net & Web

May 15, 2015

微信vs支付宝、スーパーでもモバイル決済の戦い

スーパーの決済は、携帯電話のQRコードで。
先日、カルフールが上海市、浙江省杭州市、北京市の全店舗で支付宝による決済を導入した。大手スーパーのウォルマートも広東省深セン市の25店舗で始まった。

微信も、今月12日に北京の大手スーパーで20万件の割引サービス「大紅包」をうち出した。微信を利用して支払いをした場合、買い物金額が10元に達すると10元を割り引くサービスで、親会社の騰訊は、この一日限りのイベントのために200万元を支出した。
モバイル決済場面の広がりでは、支付宝が先んじているが、微信も6億人を超えるユーザーを抱えており、巨大な潜在力があることを示している。

スーパー関係者は、大幅な値引きや割引サービスがなければ、携帯電話で支払おうとしないと考えているようだが、本当にそうだろうか?
昨年から、モバイル決済プラットフォームでは、金に糸目をつけないキャンペーンが相次いでうち出され、ちょっとした値引きや割引では消費者を満足させられなくなり、ロイヤリティはこれから徐々に低下するとみている。十分な魅力がなければ、携帯電話による決済を引き出すことは難しく、おそらくより多くの営業販売戦略が必要だと考えている。

スーパーにもモバイル決済にも利益
これまでは消費者の決済に関するデータはスーパーが握っており、決済プラットフォームが利用することができなかった。しかし、支付宝の今回のウォルマートとの協力により、ビッグデータの処理は重要な一歩を踏み出すことになった。支付宝によれば、基本的な決済での連携だけでなく、ウォルマートと支付宝はビッグデータの運用、会員の管理、O2Oなどで協力を進める予定だ。

支付宝によるビッグデータの分析を提供することで、店舗はさまざまな層の行動の傾向、消費の嗜好、生活半径、信用レベルなどを踏まえて、ビジネスを考えることができるようになるのだ。

キャッシュレスの波が押し寄せてきたのだ



china_support at 17:06|Permalink

March 13, 2015

パスワード無しWiFiに注意

中国では、多くの場所に、パスワードを必要としない無料WiFiがある。
しかし、公共の場で使用するのはできるだけやめた方がいい。
特に、携帯による支払いやメールの送信も、WiFi機能を切り、3G・4Gのパケットを使って操作する方が安全である。
ユーザーがWiFiを使ってインターネットに接続する際には相応するゲートウェイを経なければならないが、WiFiを提供している側では、ゲートウェイを利用してユーザーのネット利用情報を監視・盗聴ができる。PCによるネット接続と異なるのは、携帯電話でオンラインでのデータ送信の多くはパスワードが要らず、容易にパケットキャプチャして読み取ることができる。

読み取られるだけならともかく、同じWiFiに携帯電話の内容を読み取るための装置が付加されていたとしたらどうだろう。
ユーザーはプライバシーが暴露されるだけでなく、携帯電話内に保存されているアカウントやパスワードが、全て読み取られてしまうということも考えられる。
技術的には、すでに有り得る領域にはいっているのだ。

携帯電話にはWiFiの安全性を識別する機能があるものの、その解決法は全体としてみれば成熟しておらず、その判断の正確さは満足にはほど遠い。
ユーザーはWiFi接続の際、数少ない正規の運営者によって提供された、身分認証の必要なWiFiホットスポットを選ぶことが望まれるが、その前に、モバイルパケットで接続する方が身のためである。



china_support at 02:10|Permalink

February 26, 2015

微信紅包!春節で32.7億回送受信

春節の主役は、微信(Wechat)と支付宝(alipay)。

春節期間に微信紅包(お年玉)の送受信件数は延べ32億7000万件に達した。
旧暦大晦日(18日)の夜、中国中央テレビの年越し番組「春晩」でマスコットの「羊羊」の掛け声で、テレビの前の大人も子どももみんないっせいに携帯電話を振り始めた。中央テレビの春晩との協力は、微信が今年の春節にぶつけてきた仰天技だった。

微信が「春晩」と連動した活動への参加数は延べ110億回に達した。
22時34分には1分間延べ8億1000万回のピークに達し、世界185カ国の人々が「春晩」を見ながら携帯電話を振った。微信は「京東」「泰康」「微店」などと連携して、5億元(1元は約19円)分のキャッシュのお年玉を活動参加者に配布した。

お年玉大戦のもう一方の主役であるアリペイも同様に、旧暦大晦日前後の24時間だけで、延べ6億8千万人がアリペイのお年玉ゲームを利用した。お年玉の取引回数は2億4千万回を超え、総金額は40億元に達した。旧暦の正月3日までに、支付宝のお年玉キャンペーンへの参加者は1億人を超えた。



china_support at 23:37|Permalink

February 15, 2015

配車サービスの快的と滴滴が合併

配車サービスの快的打車と滴滴打車が合併した。快的と滴滴の全国配車サービス市場におけるシェアは合併によって99.8%に達した。



china_support at 23:10|Permalink

February 05, 2015

中国ネット利用者は6.49億

中国インターネット情報センターによると、2014年末現在、中国のネット利用者は6億4900万人に達し、ネット普及率は47.9%となった。ネット利用の主力はモバイル端末のアプリだった。
携帯電話によるネット利用者は5億5700万人。
ネット利用者の中で携帯電話を使ってネットにアクセスする人の割合は、85.8%。
リアルタイムのチャットアプリの利用率は90.6%に達した。
タブレットコンピューターは娯楽性と利便性の高さから、ネット利用者の重要な娯楽端末となっており、14年末には利用率が34.8%に達した。



china_support at 23:17|Permalink