中国が日本人へのビザ免除措置を一時停止と韓国のアホらしさ国外からの入境者を政府用意の施設に強制隔離

March 13, 2020

中国の初の感染確認は2019年11月17日だった

中国の初の感染確認は2019年11月17日だった

世界各地で広がる武漢コロナウイルスは、2019年11月17日には感染が確認されていたようである。
一人目は55歳の湖北省の住民で、その後感染者は増え、中国当局は2019年末までに少なくとも266人の感染を確認し、医学観察を実施していた。


、香港紙サウスチャイナ・モーニングポストは13日、中国湖北省で昨年11月17日に感染者が確認されていたと報じた。一連の感染拡大の最初の事例だった可能性があるという。報道が事実であれば、
cs20200313_1


実は、感染の始まりは中 国当局の発表より3週間ほど早かったようだ。

湖北省武漢市の当局の説明によると、原因不明の肺炎患者が最初に見つかったのは昨年12月8日だった。その後、専門家グループが新型コロナウイルスの検出を発表。初の死者が出たと明らかにされた1月11日時点で感染者は41人としていた。

ここでも、仮面が剥がれ始めたようである。


china_support at 16:56│Comments(0)危ない中国 | 地球環境

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
中国が日本人へのビザ免除措置を一時停止と韓国のアホらしさ国外からの入境者を政府用意の施設に強制隔離