カンボジアから武漢肺炎を世界に広めよう中国国営メディア5社を中国の宣伝機関と認定(米国)

February 19, 2020

厚労省よ、無症状感染者の入院期間を短縮したのは、感染者数を増やすのが目的か?

無症状感染者の入院期間を短縮したのは、感染者数を増やすのが目的か?
厚労省は(中国当局からの要請で)日本国内の感染者数を増やし、他国から中国だけを危険視されるのを避けようとしているのか?

武漢肺炎もインバウンドか!

市中感染が拡大している可能性がある

多くの専門家から、「市中で感染が拡大している恐れがある」と指摘されている。
中国人との接触や中国への渡航歴がないため、三次感染という段階に入った

新型コロナウイルスの感染では発熱やせきなどの症状が出る一方で、軽症で済むケースが多いとされている。引き続き、マスクの着用や手洗い、せきエチケットの励行だけで防げるのか?

→軽症で済むなら、多くの人間が感染しても問題ないのか?

mushoujou200219


予防のためには、発生した場所を公表する必要があるのでは?

(感染拡大で)病院に患者が殺到すると、地域医療が破綻するから、自宅で・・・といっても、検査ができないのではそもそも感染しているかどうかが分からない。

感染の有無をどうやって判別するのか?
簡易検査キットを日本の全国民に配り、定期的に感染の有無を判断すべき!


無症状感染者の入院期間短縮=12.5日から2日に[厚労省] (2020/2/18)

厚生労働省は新型コロナウイルスの陽性反応が出た無症状の感染者の入院期間について、現在の12.5日から2日に短縮する運用を始めた。
無症状の感染者が他の人に感染させるリスクが低いと判断しており、今後感染者が増加する可能性を想定し、必要な病床数を確保するのが狙い。
感染者は入院して48時間後にウイルス検査を実施。陰性が出たら12時間空けて2度目の検査を行い、2回とも陰性だと退院できる。 陽性の場合は、改めて48時間後に検査する。

中国国家衛生健康委員会が、エアロゾル(空気中に浮遊する微粒子)による新型コロナウイルス感染症(COVID19)の感染の可能性を公式に認めた (2020/2/19)

多くの臨床例がある中国でさえ、未だに隔離期間14日間は下回らない。 また、エアロゾル感染の可能性を認めた研究から考えて、症状の有無にかかわらず、感染者1人に対して、半径750mで感染する可能性があると言われている。




china_support at 20:19│Comments(0)危ない中国 | インバウンド

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カンボジアから武漢肺炎を世界に広めよう中国国営メディア5社を中国の宣伝機関と認定(米国)