湖北のA葬儀場に調査員が聞いた内容から察するにいまさら聞けない「自宅隔離」の疑問

February 13, 2020

死亡者数がいきなり上昇したのは何故か?武漢肺炎の・・・

昨日までは1日100人程度の死者数の増加だったのですが、今日になっていきなり2.5倍に

先日の記事
「湖北のA葬儀場に調査員が聞いた内容から察するに」

のころから、状況が変わってきたのかな?

診断基準の調整後の確定症例数の増加が原因である可能性

新型肺炎(武漢肺炎)が原因とするかしないか、各病院ごとに異なった基準だったようでもあり、先日の「疑似(疑い)」による死亡は、死亡診断書には新型肺炎と記載されておらず、政府の統計にも反映されていないなど、対応の適正化が騒がれ、政府の情報統制にも拍車がかかっている。

それが、ここにきて、疑わしいと分類された症例も、確認された症例に含むことになり、それが死亡者数の統計的変化につながったと言われている。

要は、新型肝炎と確認された人以外は、死亡者数に含まれてなかったのが、昨日から含めることにした

yiqing2002131448

診断能力の改善で、確認者数が増えた

新しい冠動脈肺炎の診断能力を改善し、まだ診断されていない既存の症例を診断することも大切であり、臨床的に診断された症例のベースが増加したことで、死亡者の数が増加していく。
この増加は一時的なもので、恒常的な診断数は、今後低下していくはずなのであるが、それ以上に感染の広がりを見せた場合はその限りではない。

たとえば、一部の医師は臨床診断基準を完全に理解できない場合があり、CTなどの画像診断のみを診断の基準とし、WBCの増減やリンパ球の減少、および他の病原体によって誘引される肺炎のその他の原因を新型肺炎として無視する場合がある。
なお、ウイルス検査には PCR 法など核酸増幅法が、現時点では最も良い方法だが、今後は湖北省の関係者からの説明が必要になると思われる。

さらに、臨床診断の精度を高めるために医師の診断基準と画像特性のトレーニングを強化する必要があります。

先進国として進むのなら、隠蔽を無くし、情報公開が必要なのだが、「情報公開は、中国政府の一番嫌いな言葉」かもしれない





china_support at 16:32│Comments(0)危ない中国 | 中国・環境

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
湖北のA葬儀場に調査員が聞いた内容から察するにいまさら聞けない「自宅隔離」の疑問