12月に新型肺炎を注意喚起して逮捕された李文亮さんが死亡中国からの個人旅行はノーチェックで数十万人が来日したよ

February 08, 2020

日本から発信しても、中国には届かないことがたくさんある

中国とのやり取りをする上で、チャットアプリ「微信(WECHAT)」は必需品です

そして、このWECHATも、LINEと同様にモーメンツというものがあります

中国だと「朋友圏」ですが、多くの人が一日に何通もアップしています

でも、このモーメンツも、情報警察に見張られていて、中国政府に不都合な内容は自動的に表示させません。

例えば
2月6日の深夜(2/7ですが)、新型肺炎のことをグループチャットで話して不当逮捕された医師の話を、私がサインさせられた訓誡書と一緒にアップしたところ、中国番号のWECHATでは表示されませんでした。

まず、これが、その内容

wc200206-1
日本の番号で登録しているWECHATからは見えるようで、「イイね」が付いています。



そして、中国から見るとどうなるかというと


wc200206-2
この投稿だけが無かったことにされています

そして、この「無かったことにした」ワタシのWECHAT IDには、フラグが一本立ったことでしょう。
たぶん、何本か立ったら、IDの停止になるでしょう。

そのくらい、中国政府は情報操作に細心の注意を払っているのです


そして、今回の新型肺炎に対する対応の一つとして、住人の詳細登録を行なっています
これにより、住人の身分証明書番号と電話番号、WECHATがすべてビッグデータに紐づけられ、市内の人民流動をすべて把握できるようになりました。

また、各小区で、人々の交流を断つことで、香港のような政府に対する暴動化を防ぐことができ、さらに、全国民の行動と思考をコントロールすることができるようになったのです。

さて、次の一歩は、さらに恐ろしいことが待ち受けているでしょう

日本はまず、尖閣諸島の警備を拡充させ、戦艦を配備すべきだと思います

20200207-1 
中国政府は、新型肺炎を早期に発見した医師たちを不当逮捕して、洗脳しようとしたのです。
それを地方の派出所のせいにして、中央への反発を避けようとしているのです。



china_support at 00:20│Comments(0)中国モバイル | 危ない中国

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
12月に新型肺炎を注意喚起して逮捕された李文亮さんが死亡中国からの個人旅行はノーチェックで数十万人が来日したよ