微信vs支付宝、スーパーでもモバイル決済の戦い日本からの密輸牛肉摘発

May 29, 2015

中国人と日本人の国際結婚、4割が離婚

日本の国際結婚は、1996年以降、中国人が最上位を保っている。厚生労働省の統計によると、中国人と日本人の国際結婚は2000年に初めて1万組を突破。2008年には10万組に達した。しかし、2003年以降、中国人と日本人の国際結婚の離婚率が40%に達している。

中国黒竜江省方正県では、日本人の男性と結婚する女性が増加している。2011年前後、毎年200人以上の同県の女性が日本人と結婚した。同県で婚姻届を出す数の10%もの女性が日本人と結婚し、その女性からの家族や親せきに対する送金額は毎年8000万円に達している。
まさに、貧困脱出のための、結婚だと言えるだろう。

中国の女性が経済的な理由など、現実的な問題から、日本の農村に嫁いでいることがその背景にある。
金のために嫁ぎ、金が無くなれば離婚する・・・ということも少なくない。



china_support at 17:24│Comments(0)中国コラム | 日本エトセトラ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
微信vs支付宝、スーパーでもモバイル決済の戦い日本からの密輸牛肉摘発