「上海市生活ゴミ管理条例」2019年7月1日から実施、観光客も含め違反者は罰則対処

July 20, 2019

食べてはいけない「韓国汚染食品」

食べてはいけない「韓国汚染食品」


韓国産は毒!深刻な食品汚染
中国産より危険度高い

日本の水産物を輸入禁止にしている韓国だが、韓国産の危険食品を故意に日本へ持ち込んでいるのではないだろうか。
kikenna_korea
このメーカーのカップ麺からウジ虫が発見されたこともある

たびたび韓国食品に混入している、有毒物質や大腸菌など目に映らない物だけでなく、軽油や金属片、カエルの死骸、そしてウジ虫が大量発生。
大手食品メーカーでも発生していることからも、改善という言葉は韓国には無いのかもしれない。
製造年月日に関しても、日本向けだけ打ち直しているという噂もある。
そして、現在でも食品への異物混入と食中毒が続発している。


集団食中毒後に、すぐに稼働を許された、キムチ工場

2013年には、韓国国内でのウィルス感染による集団食中毒で世間をにぎわせたのですが、その後改善されているのかというと、そうでもないようです。

2018年の韓国産輸入食品の「食品衛生法違反」を調べると

タコ塩辛(冷凍)→基準値超の食品添加物ポリソルベートを検出(2019/01)
チャンジャ(冷凍)→大腸菌群(2018/12)
トリ貝(冷凍)→大腸菌群(2018/10)
アイスクリーム→大腸菌群(2018/7)
煮穴子(冷凍)→大腸菌群(2018/7)
ハンバーガー用バンズ→大腸菌群(2018/7)
赤貝(冷凍)→大腸菌群(2018/7)
ゆでガニ(冷凍)→大腸菌群(2018/5)
サヨリ(冷凍)→大腸菌群(2018/4)
ポテトチップス、いか味付け調味料、養殖活ヒラメ、韓国風おでん、養殖生鮮マス、ノンアルコールビール、白菜キムチなどから、大腸菌、食品添加物、抗生物質が検出され、廃棄または差し戻しとなっているのである。

などなど、


韓国の海には糞尿が垂れ流されているため、海苔にトイレットペーパーが混ざっていることも


2016年8月には、韓国でコレラが発生。渡航経験なく国内感染確定。海洋汚染問題や下水問題が関わっているようです。
例えば、韓国における海産物汚染例といえば・・・
・韓国産の海苔にトイレットペーパーが混入、大腸菌も
・水銀まみれのしじみ
・コレラ菌検出の海水
・韓国産ヒラメから大量の寄生虫で回収命令
・2011年には、韓国フェア中のガストで赤痢の発生
などなど

簡単にいうと、韓国の海には糞尿が垂れ流されているため、海苔にトイレットペーパーが混ざっていることもあったのです。

韓国海苔の安全性についてはwikipediaでも触れられています



食品の輸入が増えているわけだが、韓国輸入食品の95%以上が無検査で国内に流通している。要は、有害物質が店頭に並んでいるのです。


自己防衛あるのみ

危険な「韓国製」にさらされる日本の食卓。健康を損なってからでは遅いです。
自分たちの健康は、韓国製品を買わない注意から始まります。



china_support at 13:17│日本マーケット | 地球環境
「上海市生活ゴミ管理条例」2019年7月1日から実施、観光客も含め違反者は罰則対処