BMWが瀋陽に!高級車エンジンの国産化羽田-中国定期便が倍増。2013年3月

August 06, 2012

2Qの訪日観光客、中国人の消費が最大

「観光立国」を押し出している日本。

東日本大震災の影響で訪日観光客は一時減少したものの、その後徐々に増え続け、現在は震災前のレベルに回復しつつある。

このほど発表された2012年第2四半期の訪日外国人消費動向調査の調査結果によると、第2四半期の訪日観光客のうち、中国人の消費が最大となった。

日本観光庁は7月30日、訪日外国人消費動向調査(4-6月期)の調査結果を発表した。それによると、訪日外国人一人当たりの旅行中支出額は前年同期比2.3%増の11万3693円となった。

東日本大震災前の2010年同期と比べると9.3%増だった。

各国・地域別の1人当たり旅行中支出額は、中国が17万6360円で最高額だった。以下、カナダが16万1182円、オーストラリアが15万663円と続いた。

訪日旅行者数がトップ4に入る各国・地域では、韓国が5万8791円、台湾が8万3774円、香港が10万6186円、米国が12万9867円だった。

旅行中支出額に訪日外客数を乗じた旅行消費額の総額を市場別にみると、中国が692億3千万円、台湾が323億1千万円、韓国が271億7千万円、米国が264億6千万円、香港が128億4千万円だった。

china_support at 12:00│Comments(0)TrackBack(0)日本マーケット | 1min-news

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
BMWが瀋陽に!高級車エンジンの国産化羽田-中国定期便が倍増。2013年3月