大邱世界陸上は中華料理禁止中国介護サービス市場に狙いを定め始めた欧米企業

September 03, 2011

香港旅行の8割が買い物目的、1人平均14万円以上消費

中国本土から香港を訪れる観光客の8割が買い物目当てで、滞在中の1人当たり平均消費額は1万2000元(約14万4000円)で、その35%に当たる4400元(約5万3000円)を買い物に使っているという。

尖沙咀(チムサーチョイ)や銅鑼湾(コーズウェイベイ)、旺角(モンコック)といった繁華街は個人旅行客から最も人気の高い宿泊地になっている。

また、多くの観光客は宿泊費を抑えてその分を買い物に回す傾向が強いことも分かった。

china_support at 12:30│中国マーケット | 中国コラム
大邱世界陸上は中華料理禁止中国介護サービス市場に狙いを定め始めた欧米企業