香港ディズニーランド、昨年の入場者数は520万人超もなお赤字ケンタッキーの中国での成功、秘訣は現地に合った商品と経営

January 28, 2011

NECのPC事業、レノボの「次なる獲物」か

中国のレノボ・グループ(聯想集団)とNECがパソコン事業で提携する方向で最終段階に入った。

合弁会社の出資比率はレノボが50%以上を占めることになる。

レノボがPC事業で国内シェア首位であるNECのパソコン事業を手中に収めるということは、日本の閉鎖的なパソコン市場でNo.1の地位に君臨するばかりでなく、世界シェアでも台湾のエイサーを抜き第3位に躍り出ることを意味する。世界シェア第2位のデルとも僅差となる。

NECにとってもレノボとの提携はメリットが多い。
米国や中国本土、台湾メーカーとの価格競争は激しく、国内シェア首位とはいえ、世界シェアは1%未満。両社で部品調達や生産を一本化することでコストを大幅に削減し、収益力を高めたい考えとみられる。

PC市場で勝者になるためには規模が不可欠だと指摘する。
米IT調査会社IDCによると、10年第4四半期のレノボの世界シェアは10.4%。首位のヒューレット・パッカード(19.5%)、デル(12.1%)、3位のエイサー(10.6)に次ぐ第4位だった。
記事は、今回の提携による規模拡大で近い将来デルを抜いて世界第2位になるのは確実、との見方を示す。

今回のNECとの提携はレノボにとって、05年に米IBMのパソコン事業を吸収して以来の大規模な事業提携となる。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
香港ディズニーランド、昨年の入場者数は520万人超もなお赤字ケンタッキーの中国での成功、秘訣は現地に合った商品と経営