中国が独自のオンライン地図サービスを開始海外旅行者の買い物を対象に関税強化

November 16, 2010

アジア8都市の住宅価格、香港が東京を上回り1位に

アジア主要8都市を対象とした房価(住宅の価格)調査で、香港が東京を上回り1位になったと、台湾の中央通信社が伝えた。

調査を行ったのは台湾の不動産会社・台湾房屋の傘下にある亜洲房市風険管理顧問公司で、今年第2四半期にアジア8都市を対象に調査を行った。
その結果によれば、香港が1坪(3.3平方メートル)あたり202万台湾ドル(約551万円)で、東京を抜き1位となった。
同社の責任者は、中国・台湾間に次々と就航する直行便がこれまで中台間の中継地であった香港の商機を奪うだろうと見ていたが、中国本土から香港へ物件を買い付けに来る案件が増加したため、大きな伸びに繋がったという。
1000万香港ドル(約1億円)以上の案件では、3分の1の買い手が中国本土出身者。
東京は1坪当たり172万台湾ドル(約469万円)。
3位はシンガポールの112.9万台湾ドル(約325万円)。
4位は韓国のソウルで86万台湾ドル(約235)、5位は台北の46.9万台湾ドル(約128万円)。
香港の不動産価格が過去1年間で22%増、台北も14.95%増と上昇した一方、東京は6.98%減、ソウルは3.04%減と不動産価格が下降している。

china_support at 02:30│1min-news | 世界経済
中国が独自のオンライン地図サービスを開始海外旅行者の買い物を対象に関税強化