中国で販売されているブルーマウンテンはほぼすべてニセモノ中国が独自のオンライン地図サービスを開始

September 26, 2010

日本との戦いはその弱点をつけ

環球時報はコラム「日本との戦いはその弱点をつけ」を掲載した。

日本と戦うにあたり、中国は遠くから罵っているだけの秀才となってはならない。

まず日本を理解し、弱点を探し出すことが必要だ。
日中国交正常化以来、日中韓の問題は幾度となく繰り返されてきたが、中国は日本を正常な状態に引き戻すことを目的とした対策を講じるばかりで、報復も一時的なものにとどまっていた。
しかしこれほど長期間にわたり、繰り返し衝突することを考えれば、ずっと友好を唱えているほうがおかしい話だ。
中国は日本の弱みがどこか、何を恐れているのかをしっかりと把握し、日本が反撃する精密な計画を立てねばならない。
日本と戦うにあたり、中国が狙うべきは、反中の政治家が選挙で落選するように仕向けること。
日本企業が損失を出し、日本国民が国家経済に不満を持つようにしむけることが肝心だ。
そのためには法律や税金の分野など政府ができることもあれば、一般の消費者ができることもある。
注意すべきは日本を圧倒する必要はないということ。
彼らの過剰な敵意を消すことさえできればいい。
日本の弱みを探し当てて、中国に挑戦してくれば痛い目に遭うということをはっきり認識させること。
日本の民主主義を利用して、日中対立を煽る政治家を落選させることが重要だ。

china_support at 03:00│中国コラム | 中国企業動向
中国で販売されているブルーマウンテンはほぼすべてニセモノ中国が独自のオンライン地図サービスを開始