中国の未来、5つの予兆個人郵便物の免税限度が大幅引き下げ

August 15, 2010

アジアの美容整形大国は中国、インド、日本

アジアの美容整形大国は韓国ではなく中国だった。国際美容外科協会の調査では中国に次ぐ2位はインドで、3位に日本。韓国は4位という結果に。


国際美容外科学会(ISAPS)が発表した形成外科データによると、上位25か国で行われた形成外科手術および手術を伴わない処置(いわゆるプチ整形)の実施件数は、2009年に全世界で行われた実施件数の実に75%を占めている。

美容整形のもっとも盛んな国が米国という結果には誰も驚かないが、この分野における中国とインドの台頭には目を見張るものがある。
米国の形成外科手術件数は世界全体で行われた総件数の17.5%を占め世界一。2位はブラジルで、3位の中国は12.7%だった。4位は僅差でインド。5位はメキシコ、6位は日本。「整形大国」といわれている韓国は7位で、アジアでの真の「整形大国」は中国ということに。

中国やインドの国民が経済的に豊かになり、自分の容姿にお金をかけるゆとりが出てきたのか?

china_support at 00:25│中国コラム | 中国マーケット
中国の未来、5つの予兆個人郵便物の免税限度が大幅引き下げ