中国「80年代生まれ」が消費市場の主役オンラインショッピングが過熱 取引額は5000億元?

May 18, 2010

1年経過した3G、キャリアは戦争中

1年経過した3G、キャリアは戦争中==中国新聞网==

中国の3G市場は2009年の世界電信デー(5月17日)に正式にスタートした。2009年は中国の3G元年とも言われ、中国が正式に「3G時代」に足を踏み入れた年となった。

1年が過ぎたが、3G時代は人々の予想とはかけ離れている。このほど行われた調査によると、回答者の約6割が「3G時代」の到来を認めていなかった。高い使用料が一般消費者の前に立ちはだかり、3Gの発展・普及を妨げる主な原因となっている。3G商用スタートから1周年を迎えた今、3大通信キャリア(中国聯通、中国移動、中国電信)はさらに多くの3Gユーザー獲得へ向け、次々と3G料金の値下げを発表、3Gの低価格戦争がスタートした。

3大キャリアが大幅に使用料を値下げしたことで、3G使用の敷居が低くなり、更なるユーザーを引き寄せている。しかし、低料金はキャリアがユーザーを引き寄せるための切り札と言えるが、3G端末や3Gアプリの開発が追い付いていない。

ネットワーク速度の向上、3G端末の増加、革新的な 3Gアプリという基礎の上に、さらに3G料金が値下げされて、初めて中国における3G発展が促されると考えられる


広告はデータに基づく科学です。
3G時代に商品販売の方法も同じわけがないでしょ?侮ってはいけない、中国の購買力
中国4億人のネットユーザには、Webマーケティングで商品販売。

中国で商品販売



china_support at 15:04│中国Net & Web | 中国マーケット
中国「80年代生まれ」が消費市場の主役オンラインショッピングが過熱 取引額は5000億元?