資本金3千万元以上の外資系企業は会社名に(中国)を付けられる1年経過した3G、キャリアは戦争中

May 17, 2010

中国「80年代生まれ」が消費市場の主役

中国「80年代生まれ」が消費市場の主役に==人民网==

中国の大手調査会社CTR市場研究はこのほど、中国都市住民調査(CNRS)の結果を発表した。それによると、2009年は国際金融危機で世界経済が冷え込むなか、中国のマクロ経済を取り巻く情勢が変化した。政府の景気刺激策の下、中・小都市の重要性が日増しに顕著となり、世界的なブランドがミドルエンド以下の市場に相次いでターゲットをシフトしたという。

今回の調査によると、中国とアメリカのハイエンド層を比較すると、中国のハイエンド層は家庭よりも仕事を遥かに重視している。そのため、衝動消費と負債消費の傾向がアメリカのハイエンド層よりも顕著に現れている。

特筆すべきは、80年代生まれの若者世代が社会の成長・進歩を促す主役となっており、その消費理念がこの世代を象徴していることだ。80年代生まれの若者世代はそれまでの世代と価値観や生活様式などが異なるため、

CNRSの調査によると、「80后」はブランドを追い求めるが、外国を崇拝しているわけではなく、仕事よりも家庭、生活の質を重視する。「70后」「90后」と比べて、交際範囲が広いのも特徴だという。

一方で、「80后」はその特徴ゆえに、それまでの世代よりも大きなプレッシャーを背負っている。うち役割葛藤(role conflict)とキャリア開発が主なプレッシャーだ。パソコンゲームをしたり、バーに行ったり、友人と遊ぶことでこれらストレスを発散している。また「80後」はインターネットとともに育った世代でもある。

インターネットは「80后」の生活の隅々まで浸透している。チャットやネットショッピング、ネットゲームなどの利用者数はここ3年増加し続けている。うち、ネットショッピングの成長がとりわけ急速で、ネットゲームとチャットも2桁の伸びを見せている。

中国80後が商品販売のターゲットになっている!
本当のマーケティングをできないマーケッターやコンサルタントに任せているあなた!
広告はデータに基づく科学するものです。

Webマーケティングで中国4億人のネットユーザを集客する


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
資本金3千万元以上の外資系企業は会社名に(中国)を付けられる1年経過した3G、キャリアは戦争中