万博ホットライン、多言語サービスを開始中国の贅沢品ニーズは旺盛

April 22, 2010

中国GDP成長率は10%

IMF予測「中国の今年のGDP成長率は10%」==人民网==


国際通貨基金(IMF)は半期に一度発表している「世界経済見通し」の最新版の中で、グローバル経済の今年の成長率および中国、米国、ユーロ圏、日本などの主要経済体の経済成長率についての予測を明らかにした。

IMFの予測対象の中で、最も注目を集めるのは引き続き中国だ。IMFが1月に打ち出した今年の中国の国内総生産(GDP)成長率は10%に達するとの予測は変わっていない。来年の予測は9.7%から9.9%に上方修正された。

IMFが同見通しで述べたところによると、中国の旺盛な国内需要が経済の復興を後押ししている。昨年の中国経済の成長率は政府が設定した目標値の8%を上回り、今年と来年は10%に迫ることが予測される。これは主に政府のインフラ建設投資による内需拡大によるものだ。今後は徐々に、力強い個人消費・投資が経済成長を牽引する新たなモデルへと変わることが予測される。

同見通しによると、アジア地域の経済が国際経済貿易情勢の好転による利益を受けることや、大量の資金の流入が市場に十分な流動性を与えることといった各種の要因により、中国をはじめとするアジアの新興国の経済が急速に回復している。インドの成長率は8.8%と見込まれ、今年の世界の主要経済体の成長率ランキングで中国に次ぐ2位に躍進することが予測される。中国やインドなどの新興市場国が、世界経済の第二次世界大戦以降で最も深刻な衰退期を牽引するものとみられる。

また、世界経済の復興状況は予測を上回って好調で、世界経済の今年の成長率は 4.2%、来年は4.3%に達することが予測される。

広告はデータに基づく科学です。
本当のマーケティングをできないマーケッターやコンサルタントに任せているあなた!私たちにオマカセ下さい。
中国4億人のネットユーザには、Webマーケティングで商品販売。




china_support at 10:00│中国マーケット | 世界経済
万博ホットライン、多言語サービスを開始中国の贅沢品ニーズは旺盛