マカオ返還10周年慶祝大会が盛大に開催中国人が買ったブランド品、世界の4分の1に

December 21, 2009

中国のインターネットに国際大手が注目

中国のインターネットに国際大手が注目

世界最大の情報セキュリティサービス企業・マカフィーはこのほど、中国業務の急速な拡大に向けた複数の措置を打ち出すことを発表した。

中国に全額出資の子会社を設立する予定で、中国で販売や研究開発などを担当するチームを拡大し、現地雇用の従業員を2010年には倍増させる計画。
中国市場での関連企業との協力も強化する予定で、聯想やデルと協力パートナー関係を結び、コンピューター製品にセキュリティソフトを搭載する形で市場シェアの一層の拡大をはかるという。

中国市場のセキュリティサービス産業の規模は、2009年の3億9千万ドルから2013年は10億9千万ドルに増大することが見込まれという。

国際金融危機の影響を受けたとはいえ、中国の個人向けコンピューター市場は引き続き急速な成長を維持しており、インターネットデータセンター(IDC)は 2010年の成長率を19%と予測する。
ネット普及率の伸びも急速で、世界銀行がまとめた調査データによると、2005年にわずか8.5%だった中国のネット利用率は、3年後の08年には22.5%に大きく上昇した。
対中投資拡大の背景には、中国の情報通信技術(IT)市場が情報セキュリティ面で巨大なビジネスチャンスをもっていると見られている。

バーゲンハンター最大70%OFF(毎日更新)

まずは中国を視察して、体験が必要。

ビジネスプランニング・上海ガイド・無料相談



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マカオ返還10周年慶祝大会が盛大に開催中国人が買ったブランド品、世界の4分の1に