中国税関のチェック強化。上半期9億3千万元を追徴課税上海・南京都市間鉄道、2010年7月に開通

August 08, 2009

中国 DNSサーバをアップグレード

中国 DNSサーバをアップグレード

1年以上にわたる綿密なテストと試行を経て、CNNICはこのほど、プライマリDNS(ドメインネームシステム)サーバを含む世界9カ所のDNSサーバの全面的なアップグレードを行った。これにより、CNNICが運営・メンテナンスを行う世界中の中国語・英語ドメインの処理にかかる時間がこれまでの約4時間から15分程度に短縮され、処理スピードは世界でもトップレベルに達することになる。

DNSサービスはインターネットの正常な運営にとても重要な役割を果たしている。情報化の現在、インターネット訪問やEメール送受信など、インターネットの応用には全てこのDNSサービスが関わっている。DNSサービスはまた、電子商取引、電子政務などの基礎とも言え、同サービスの安定した効率の良い運営は、インターネット全体の健全な発展を保証するもの。

今回のアップグレードにより、処理スピードに対するニーズが満たされ、ドメイン名の健全で急速な発展のための基礎が築かれた。中国のDNSサーバがすばやく処理を行うことで、「CN」ドメインと中国語ドメインの国際的な競争力が高まり、CNドメインの地位が固められるとしている。


china_support at 12:00│Comments(0)TrackBack(0)中国Net & Web | 中国コラム

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
中国税関のチェック強化。上半期9億3千万元を追徴課税上海・南京都市間鉄道、2010年7月に開通