ワタシ日本人ですが、中国語を話せます

October 09, 2006

上海のケーキ屋さん

ケーキ屋さんが増えました

ここは、パン屋さんと併設ですが、ケーキ屋さんが目に付くようになりました

s06-10-06_20-53最近、甘いものが食べたいというわけではありません。しかしそのケーキも、以前に比べて派手ではなく、おいしそうな感じがするようになりました。(あいかわらず、ハーゲンダッツのアイスケーキは人気のようですが・・・)

ここは、場所柄(古北)日本人が多いのかもしれませんが、コンパクトサイズのケーキも並んでいます

味のほうは・・・試していないので分かりかねます。。

それは何かの折に。。



china_support at 12:00|Permalink中国マーケット | 中国Net & Web

September 28, 2006

AEDの普及が進んできた(東京)

駅の一角に見慣れないものを発見!
良く見てみると、「AED」
なるほど。。。

stk060926_03以前より導入が取りざたされていた「AED」
駅にも設置されるようになったんですね。。
よかった、よかった・・・

ちょっとまって!

このAED
使い方を知っている人がどれだけいるのでしょうか?
メーカによっても多少違うのですが、基本的にフローは一緒のようです。

 

消防庁の認定する、救命救急士講習の中にも取り入れられています
東京消防庁

レンタルで設置することも出来るようになりました
セコム

 AEDとは・・・
心臓電気ショックを与える器械
AED(自動体外式除細動器)=Automated External Defibrillator
<電気ショックが必要な心臓の状態を判断できる>
img_aed_label突然死の死因のほとんどは心臓疾患です。それを心臓突然死といい、その大部分は心室細動という病気です。
心室細動になると心臓がけいれんし、ポンプとしての役割が果たせず、助かるチャンスは1分経過するごとに約10%づつ失われ、10分後にはほとんどの人が死に到ります。
この心室細動を正常な状態に戻す唯一の方法は除細動(心臓への電気ショック)です。そこで、早期の除細動ができるAEDの使用が必要となり、素早い除細動は社会復帰の鍵にもなります。
AEDを自宅、学校、職場、たくさんの人が集まる公共の施設など様々な場所に置き、AEDを使うことで、突然死を防ぐことができるのです。AEDは除細動が必要かを判断し、救命の手順を音声にて指示します。
AEDは除細動を含めた救命行為が簡単に出来るように作られています

中国はこれからが本当のチャンスだとは・・・
気が付いていても、なかなか言えない
China-support
China-supportにまずは問い合わせ。
大手コンサル会社では出来ないサポートがここにある!



china_support at 12:00|Permalink日本エトセトラ 

September 27, 2006

上海で始める/中国人は、日本酒を飲むのか?

中国人は食事のときに日本酒を飲むか?

日本酒の専門雑誌「たる」
この関連の方々が上海入りされて、挨拶を兼ねて食事をご一緒させていただきました。

s06-09-25_20-311まずはビールで乾杯!
というところで、実は乾杯というのは紀元前からある習慣で、なんかの神様に酒を飲む承諾を得るものだとか・・・こんな感じで、話は進みます。

決して薀蓄ではないのが、面白いところ>
国をまたいだ、関連性が感じられたりします。

こうやって中華料理を囲んでいながら、このような濃厚な味の料理には、○○のような日本酒が合う・・・とか。
日本酒のソムリエ(---)とか、中華料理店への試飲会とか、仕掛けを作っていき、中国人が普通に料理を食べながら、日本酒を飲むという文化を作り上げたい!

というような話で、盛り上がりました。

もっと、もっと、盛り上げましょう!

これからもよろしくお願いいたします



china_support at 12:00|Permalink中国Net & Web | 中国マーケット

September 24, 2006

上海〜新しいビルの建築

日進月歩

そんな言葉が良く似合うこの上海

オフィスから見える景色も、日に日に変わってきます。

s06-09-24_16-06
画像左側は、久光の隣あたりですが、ビルが立ち上がってきました。
そのため、嘉利中心ビルが見えなくなってきた・・・

また、中央右側のビルは、南京西路と延安路の間に立てているショッピングビル(ホテルも出来るという噂がある)ですが、地下鉄と直結するようです。

そのため奥の嘉華ビルが見えなくなってきました。

s06-09-24_16-061
恒隆広場(PLAZA66)の2期工事も進み、マンション越しに頭が見えるようになりました。

こうして上海の景観は日々変わっていくのでしょう。

 

 



china_support at 12:00|Permalink中国マーケット | 中国コラム

September 21, 2006

LED VISIONとLEDライトパネル

中国でLED業界のNo.1といわれる、中国科学院傘下の企業で、製造工場の増設を行っています。

s06-09-18_15-07現在、弊社関連企業において、LED VISIONの製造と開発を行っており、私もその中心となっています。
今現在は、開発が中心となっているのですが、それ以上に製品のスペック向上に気を遣っている状態です。

市場は日本及び欧米となるため、規格自体も中国とは比べ物にならず、世界中どこに出しても良い製品であるために、日夜努力中!
これを機に、工場の増設が必要で、今回は面積を約2倍に増やしました。

s06-09-18_15-071これから、そのレイアウトや、開発工程の進捗管理など、まだまだやることはたくさんあるのですが、それはそれで楽しみです。
この部分を約2ヶ月で完了させ、本格稼動の始まりとなります。



September 20, 2006

中国科学院

中国科学院とのミーティングです

この日は契約書(に近い)書類の内容確認と、それに対する変更を行い、その場で出力し調印にまで至ります。

s06-09-16_14-17今後、この中国科学院と共に、研究開発を行っていくこともあり、この調印がその第一歩となると思います。

ここは研究所なのですが、今回の話し合いは、その副所長が相手です。


実際ここで働いている人は、半分以上が大学院卒ということで、そのレベルの高さを感じさせるほどでした。

s06-09-16_14-21最近何度かこの敷地内に入っていますが、通常の日本人はあまり入れないところとなっており、実は軍関係の開発も行っているとか・・・

そしてこれからが本番です!



china_support at 12:00|Permalink中国Net & Web | 中国マーケット

September 19, 2006

上海から常州へ

上海から車で約2時間
無錫の少し先、「常州」に会社訪問です

今までに、アルミ加工部材の開発をお願いしていたところですが、最終的に技術の方と設計の打ち合わせを兼ねて、行ってきました。

s06-09-15_11-01ここは、中国国内でこの業界においてTOPクラスに入るところで、設備もいいものを揃えております。

工場の大きさもたいしたもので、この会社の上海分公司と今まで話していたのですが、一度自分の目で確認したかったこともあり、別部門で行っているLED関連の方の車で行きました。

工場の内部もきれいに整っており、現在も拡張中です。


s06-09-15_10-53日本の工場と違って、土地の使い方や、人の配置など中国独特の雰囲気がありますが、輸出も行っていることもあり、キレイなほうではないかと・・・
実際には設計上の問題点がいくつかあったのですが、それも結局顔をあわせて話をしないと、なかなか伝わらないと感じました。
s06-09-15_10-22設計能力及び開発〜商品化がしっかりしているうえ、材料の供給に関しても、基本的に自社関係会社内でのやり取りをしているので、工程管理に関しても行き届いた感じを受けます。



September 14, 2006

中秋節が近づくと・・・

中秋節が近づくと、月餅がたくさん出現!

自分で食べるもよいのだが、贈り物の季節ということなのです。

今回は、シャンナビネットのスタッフが「お重入り月餅」の紹介しているので、イメージをお借りしました。

sh0609141

中はどうなっているかというと
重箱が3枚重なっているのですが、1つに4個いり(計12個)の月餅です

何が違うのかというと・・・

 

味が色々あります

sh0609142
今まで、アンコのが多く、しつこいイメージがあったのですが、中身が色々とあるので、おもしろい

栗やサツマイモの月餅はけっこういけます。

洋ドラならぬ、洋月餅の登場も近いかも・・・

 



china_support at 12:00|Permalink中国コラム 

September 12, 2006

新星!ハルピンビール

最近上海でよく見かける「ハルピンビール」

s06-09-10_22-11これは看板ですが、これも最近になってよく目に付きます
キャンペーンなどで安く出したりして、周知を広めているようです

実際には、中国で一番古いビールといわれているのですが、上海では青島に押されているようです
もちろんサントリーやキリンも苦戦ながら頑張っています

味のほうは?

まぁ普通に飲めるので、私としてはOK
バドワイザーを飲むくらいなら、こちらのほうが中国らしくていいと思っています(私見です)

1年前には上海ではほとんど見かけなかったこの「ハルピンビール」
今ではどこでもあると思います

 



china_support at 12:00|Permalink中国マーケット 

September 11, 2006

新天地にもLEDが登場

新天地にもLEDが登場していました

香港広場からの道には、アーケードが設置され、
記憶が間違っていたことを知らされます。

06-09-09_17-38工事中だったこのあたりもすっかり整備され、日々の進化には驚かされます。


CJWは相変わらずこの雰囲気06-09-09_17-57

上海にいながら、西洋チックな雰囲気を味わえる場所です。


そして、新天地にもLED VISIONが登場していました。

06-09-09_17-58広告の内容はたいしたことはないのですが、
新天地内のいろいろな店舗の紹介などをしています。
新天地内の店舗も場所が変わったり、店が変わったり・・・


人も変われば、場所も変わる

相変わらず「観光地のひとつ」であることには変わらないのですが、
上海の中も色々変わっているところが多いので、
その変化を観察しに行くべきだと感じた瞬間です。

 



china_support at 12:00|Permalink中国広告関連