April 16, 2018

ミニプログラムビジネスが拡大。微信・アリババなど

WECHAT(微信)の新機能「微信小程序(ミニプログラム)」は、アプリでありながら、インストールせずにWECHAT上で簡単に使えるのが特徴。

火付け役は、WECHATのミニプログラムゲーム「跳一跳」。ゲームシーンに企業ブランドが表示されるようになり、ビジネス化が始まった。

18041603

18041601

現在のミニプログラムは58万件を超え、アクティブユーザー数は1億7千万人/日。
2000以上の外部プラットフォームが100万人以上の開発者が参加している。
18041602

ALIPAY(支付宝)もミニプログラムへの参画に必要な「電子営業許可証」の試用を始め、間もなくオンラインで営業許可証を受け取ることができるようになる。百度もまた、ミニプログラムの開発が進んでいる。

現在、企業が利益を得て、そこから顧客によりよいサービスを提供するための原動力となりつつある。ミニプログラムはブランドの普及拡大活動、EC、モバイル応用、アカウントと、企業とユーザとを繋げ、好循環が始まっている。


china_support at 13:57|Permalink中国モバイル | キャッシュレス

April 05, 2018

中国アリババ、ネット出前最大手を95億ドルで買収

中国のアリババ集団が、中国最大のネット出前サービス「餓了麼(ウーラマ)」を運営する上海拉扎斯信息科技(上海)を完全子会社にすると発表した。買収金額は95億ドルと言われている。
すでに上海拉扎斯信息科技の発行済み株式43%を持っているので、実際の追加出資額は50億ドル前後。

中国の出前は、多くの飲食店の料理や飲料を、アプリで注文するだけで、自宅やオフィスに届けてくれる。もちろん、決済はキャッシュレス。2017年の市場規模は2046億元(約3兆4800億円)だった。

ウーラマは出前アプリの草分け的存在で、注文受け付けを行ない、注文内容を店側に通知。配達は、契約している電動自転車のライダーが、配達の注文を受け取り、店舗に行き商品を受け取り、注文者に配達する。

現在、中国の出前市場はウーラマとテンセントの美団外売がシェアを二分しているが、最近、美団の配車アプリ開始に続き、アリババとテンセントの戦いが激化している。

alibaba2018



china_support at 03:26|Permalink中国Net & Web | キャッシュレス

February 21, 2018

無人コンビニに行ってみた(上海)

日本でもキャッシュレスというキーワードが氾濫してきましたね
Amazon Goとか、無人コンビニが動き始めています

そして、ここ中国・上海でも無人コンビニがすでに稼働しているのはご存知ですか?

「簡24」

jian24_1

上海・虹橋交通ハブに新しくできた街です
まだ、人は少なめで、テストにはちょうどいい場所でしょう

アプリをダウンロードして、支払い方法(WECHATかALIPAY)を紐づけしておけば、簡単に利用することが可能です
→でも、WECHATで、QRコードをスキャンすることで、そのまま利用することも可能です

jian24_2
アプリ上に表示した「会員カード」を、ゲートのスキャナーでスキャンします。
同時に、上のタブレットカメラで、持っている人の顔を登録します
(買い物時の顔認証で、店内でのみ使用)

jian24_3

Amazon Goと同じような方法かと思いますが
上部に取り付けたカメラで、商品とそれをとった人を認識し登録していきます

出る時もゲートで一旦停止し、出てこれます
この一旦停止の際に、購入商品を計算し、ゲートから出てきた時点で精算完了


※下の画像は、左から「アプリのTOP画面」「出てきた時に表示される買い物内容」「決済済み画面」


jian24_4


これでまた、「スマホだけ有れば生活できる」内容が増えました

ちなみに・・・
コンビニには無線ランがあるので、その場でアプリのダウンロードも可能
WECHAT上でも、ミニアプリがあるので、QRコードで利用可能なので、とりあえずの利用にも対応できます

最近、中国では、多くのレストランでWIFIが使えるので、流量を気にしなくても大丈夫ですね




December 31, 2015

中国の喫煙者総数は3億1600万人

中国疾病予防調整中心による「2015年中国成人喫煙調査」によると、喫煙ブームは依然として衰えをみせていない。
中国の喫煙率は27.7%、男性の喫煙率が52.1%、女性は2.7%。
中国の現在の喫煙人口は5年前に比べ1500万人増加し、3億1600万人に達している。
また喫煙者の1日平均喫煙本数は15.2本で、5年前に比べ1本増えている。



china_support at 01:50|Permalink中国・環境 | 中国コラム

November 20, 2015

ユニバーサルスタジオ北京、2020年開園予定

ユニバーサルスタジオ北京が着工。
インフラ建設では、地下鉄3路線が、テーマパークにつながる計画。
2020年の開園を予定している。

ユニバーサルスタジオ北京には、ジュラシックパークのような定番のテーマゾーンも、ミニオンズなどの最新テーマゾーンも、ともに設けられる可能性がある。園内の各所に独自の中国テイストがあちこちに散りばめられることは、特に注目に値する。各テーマに沿った見どころ、パレード、花火、祝祭日特別イベントなどに中国文化のテイストが盛り込まれ、飲食、ホテル、グッズ、食品・飲料にも、中国テイスト、特に北京の趣が色濃く打ち出される。中米双方は、優れた中国伝統文化の要素を掘り出すことに尽力してプロジェクト設計や建設に取り組み、豊かな中国色が盛り込まれ、世界の多様化した文化と融合した、世界最先端のテーマパーク設計理念と技術を備えたハイレベルのテーマパークの完成を目指している。



china_support at 01:25|Permalink中国・環境 | 中国マーケット

November 11, 2015

ダブル11 天猫が12分で100億元達成

昨年のショッピングイベント「ダブル11」(11月11日)で、アリババ(阿里巴巴)は一日の売上高571億元(約1兆1025億円)という通信販売業界の奇跡を成し遂げた。

そして今年は・・・
日付が変わった11日午前0時からの1分12秒間で、アリババ系ネットショッピングモール天猫(Tmall)の取引額が10億元(約193億円)を超え、このうちモバイル端末による取引額が81.82%を占めた。

また天猫は12分28秒で取引額100億元(約1930億円)を達成し、うちモバイル端末での取引額が74.83%を占めた。


china_support at 13:16|Permalink中国マーケット | 中国Net & Web

November 03, 2015

銀聯カード、アフリカでの業務が44カ国

中国銀聯の国際業務子会社、銀聯国際は、フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルとの提携により、新たにアフリカ8カ国で銀聯カード取扱業務を開始することを発表した。
これにより、銀聯カードのアフリカでの業務は44カ国に拡大したことになる。

今回銀聯カード業務が新たに始まったのは、マダガスカル、ベナン、コートジボアール、ブルキナファソ、カメルーン、ギニア、セネガル、チャドの8カ国。
中国は近年、アフリカ諸国のインフラ建設、情報通信、日用品貿易などの分野で様々な支援を提供しているほか、観光往来も徐々に拡大しており、アフリカを訪れる中国企業と中国人がますます増えている。
この8カ国にあるソシエテ・ジェネラルの全ての提携店舗で銀聯カードの取扱業務が始まれば、これらの国の店舗のうち約2割で銀聯カードを利用できるようになり、観光地や百貨店など、観光客が良く訪れる場所での決済にほぼ対応できる。



china_support at 01:08|Permalink中国Business | 中国・環境

October 12, 2015

40万人の中国人観光客、7日で1000億円

国慶節の連休中に中国大陸部からの観光客数は約40万人で、日本観光産業協会によると、日本で消費した合計金額は約1000億円に達した。

cs20151012_34



china_support at 00:46|Permalink日本マーケット | 中国コラム

October 09, 2015

国慶節、海外旅行の人気No.1は日本

上海の出入国管理部門によると、今年の国慶節連休には、中国人の海外旅行で日本が人気TOPだった。10月1〜6日に上海から日本を訪れた中国人観光客はのべ4万8200人で、海外旅行客全体の21.40%を占め、人数は前年同期比68.53%増加。
国慶節連休も終わりに近づき、6日までの上海の出入国者数はのべ63万5200人で、同12.73%増加、一日あたり10万5900人だった。
中国人観光客向けにノービザ政策や到着ビザ政策といった便利な政策をうち出す国が増え続けていること、中国国民の出入境手続きが絶えず簡素化に向かっていることなどから、ますます多くの中国人が国慶節連休期間に海外旅行に出かけるようになった。
東南アジアルートでは、タイツアーに引き続き人気があり、上海からタイへ出かける中国人は同42.86%増加した。
上海発の欧米などへの長距離旅行の人気も引き続き高まっており、旅客数は同約10%増加した。
また先に発生した中東呼吸器症候群(MERS)などの影響により、1〜6日に上海から韓国へ出かけた人は3万人に満たず、同32.12%減少した。



china_support at 00:26|Permalink日本マーケット | 中国コラム

September 01, 2015

台湾の五月天 Just Rock It 2015 TOKYO

台湾のロックバンド五月天(メイデイ)が、武道館で来日コンサート。中華圏発のバンドでとしては初めて。
Just Rock It 2015 TOKYOは、8月28日の「Do you ever shine」、8月29日の「抱きしめて」の2日間。
1999年にメジャーデビューした五月天は、ヨーロッパなどでは「中華圏のビートルズ」と呼ばれている。

スペシャルゲストは、日本の人気バンドflumpool。台湾では誰もが知る往年のヒットソング「向前走」を歌い拍手喝采を浴びたほか、映画「おしん」のテーマソングになった「Belief〜春を待つ君へ〜」をメイデイと共に披露した。

観客の大半は台湾および中華圏から詰めかけたファンだったが、メイデイを初体験する日本人ファンに向け、「Do you ever shine」をはじめ「抱きしめて」「OAOA」など日本語の楽曲も盛りだくさんのステージとなった。

cs20150901_mayday
cs20150901_mayday2



china_support at 20:00|Permalink日本エトセトラ | 1min-news